プロ野球PRESSBACK NUMBER

佐々木朗希は金田正一25歳を超えうるか? “自称180キロ左腕”の全盛期を見た作家「打者を威圧していた」「岡島秀樹にやや似ている」

posted2022/04/27 11:04

 
佐々木朗希は金田正一25歳を超えうるか? “自称180キロ左腕”の全盛期を見た作家「打者を威圧していた」「岡島秀樹にやや似ている」<Number Web> photograph by Junichi Haruuchi

佐々木朗希は、令和の時代に突如出現した“日本プロ野球史上最高の投手”なのか?

text by

太田俊明

太田俊明Toshiaki Ota

PROFILE

photograph by

Junichi Haruuchi

プロ野球史上No.1投手を探る旅 第1回「金田正一」

 ロッテ・佐々木朗希の歴史的な完全投球に野球ファンがざわついている。佐々木は、令和の時代に突如出現した“日本プロ野球史上最高の投手”なのか? いま、われわれは歴史の目撃者になっているのだろうか?

 佐々木がプロ入りした当時、「金田正一のような投手になってほしい」という声は、特に古いプロ野球ファンの間で高かった。

「生涯成績」で史上最高投手は金田の一択

 金田正一といえば、1950~69年、国鉄スワローズと巨人で活躍した、日本プロ野球史上唯一の400勝投手である。

 2021年に日本プロ野球で最も勝った投手は、オリックスの山本由伸で18勝。この投球を23年続けなければ金田に並べない。

 金田は通算奪三振も4490個というとてつもない日本記録を持っており、2位米田哲也(阪急ほか)の3388個に1000個以上の差をつけている。21年の奪三振王も山本由伸だが、その数は206個だから、このレベルの快投を22年続けなければ金田を抜くことはできない。

 加えて、金田は通算投球回5526回2/3、連続イニング無失点64回1/3という日本記録も保持している。生涯成績で日本プロ野球史上最高投手を決めるとすれば金田以外にはあり得ないし、今とは投球回数がまったく違うので、将来これらの記録を全て塗り替える投手が現れることはないだろう。

 では、佐々木は金田に及ばないのかと問われれば、そうとも言えない。例えば、佐々木が4月10日に達成した13連続奪三振は、金田の最高記録7をはるかに上回っている。

 金田が7連続奪三振を記録した54年6月8日の洋松ロビンスとの試合で、金田自身が「捕るな!」と叫んだという8番目の打者のファウルフライを捕っていなければ10まではいっただろうとは金田本人の弁だが、自身の球速を「180キロ」と称していた金田でさえ13連続は想像外の数字だったのである。また、1試合の最多奪三振は16個で、こちらも19個の佐々木が上回る。

もし、金田が中6日で登板したら…?

 しかし、これをもって「瞬間的な出力は佐々木が上」と断じたら、今度は金田サイドから待ったがかかるだろう。なにせ、投手として置かれている環境が金田と佐々木ではまったく違うからだ。

【次ページ】 “基準”は金田正一25歳の成績?

1 2 3 4 NEXT
金田正一
佐々木朗希
ロッテオリオンズ
国鉄スワローズ
巨人

プロ野球の前後の記事

ページトップ