SCORE CARDBACK NUMBER

ルクレールvs.フェルスタッペン、技と敬意が至高の闘いを可能にする。

posted2022/04/21 07:00

 
ルクレールvs.フェルスタッペン、技と敬意が至高の闘いを可能にする。<Number Web> photograph by Getty Images

サウジアラビアGPゴール直後、讃え合うルクレール(右)とフェルスタッペン。若い2人が新時代への闘い方を示す

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ゴール後のウィニングラン。勝者マックス・フェルスタッペンを称えてシャルル・ルクレールがサムアップを送ってみせたとき、サーキットはサンクチュアリになった。稀有な才能を備えた者だけに許された、熾烈で、濃密で、フェアな闘い。勝者も敗者も、レースする純粋な喜びを享受していた。

 開幕戦バーレーンGPではフェラーリのルクレールが、第2戦サウジアラビアGPではレッドブルのフェルスタッペンが勝利した。2つのレースに共通するのは、ふたりがしのぎを削った熾烈な首位争い。時速300kmを超える速度で接近戦を繰り広げながら、戦略を練り、心理を読み合う。一切のミスを許容しないバトルは、ドライバーの腕と相互の敬意があってこそ成立する。2戦とも、高速のデュエルは一瞬ではなく数周の間続いた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 550文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

シャルル・ルクレール
マックス・フェルスタッペン

F1の前後の記事

ページトップ