Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ICHIROを語ろう]グン・オモサコ「“お手本”との100球の対話」

posted2022/04/16 07:03

 
[ICHIROを語ろう]グン・オモサコ「“お手本”との100球の対話」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

2001年5月12日、ブラジル生まれ。17歳となる'18年にマリナーズと契約し、マイナーで修行中。広島県からブラジルに移住した面迫夫妻の曾孫にあたる日系3世。193cm、86kg

text by

ブラッド・レフトン

ブラッド・レフトンBrad Lefton

PROFILE

photograph by

Yukihito Taguchi

 初めて参加したキャンプの初日に経験できたことは、いま思えば奇跡だった。2020年3月の話だ。当時18歳だった無名のプロスペクトは、レジェンドに声をかけた。

「ケージで投げてくれませんか」

 依頼されたのは、前年に現役を引退し初めて会長付特別補佐兼インストラクターとしてキャンプを迎えたイチロー。打撃投手としてグラウンドとケージで計250球ほどを投げ終え、クールダウンモードで軽いストレッチを始めたところだった。そこへやってきた初対面のマイナーリーガーからの依頼だ。だが、体を伸ばしていたレジェンドは、顔を上げると「いいよ」と一言。そして約100球を投げたのだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 924文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
グン・オモサコ
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ