Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[ICHIROを語ろう]ボブ・メルビン「突き詰めるのはワインも同じ」

posted2022/04/16 07:07

 
[ICHIROを語ろう]ボブ・メルビン「突き詰めるのはワインも同じ」<Number Web> photograph by Getty Images

1961年10月28日、アメリカ生まれ。MLBで活躍した後、コーチを経て'03年にマリナーズの監督に就任。イチローが年間最多安打記録を達成した'04年もチームを率いた。ダイヤモンドバックス、アスレチックスで計3度リーグ最優秀監督賞受賞。今季からパドレスを率いる

text by

ブラッド・レフトン

ブラッド・レフトンBrad Lefton

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ジョージ・シスラーの偉大な年間安打数記録を塗り替える一本が二遊間を抜いた瞬間、誰よりも早くベンチを飛び出しイチローを祝福しに一塁へ駆け寄ったのはボブ・メルビン監督だった。今季、アスレチックスを離れてパドレスの新監督に就任した彼は、マリナーズの指揮を執った'03、'04年の共闘をきっかけとして、今もイチローと親密な関係を続けている。

 ふたりは野球はもちろん、それ以外でも共感することが多いという。その一つはナパ・ヴァレーのカベルネ・ソーヴィニヨン種を使った赤ワイン。一方が気に入ったものを推薦すれば、もう一方も楽しむことになる。昔からワインが大好きなメルビンは、引退したイチローがますますワインに詳しくなり、ついには自身を越えたと言う。

「今やイチローは立派なワイン通で、私は彼の弟子のような関係だね。さすがイチローは、なにごとにも中途半端ということがない。何かをやろうと思えば、必ずそのことを突き詰める。最近では、おいしいワインを送ってくれると、それが飲み頃だからデカンタしなくていいか、まだ飲み頃には早いからデカンタして空気に触れさせたほうがいいか、そこまで教えてくれるんだ。ワインの香りを試すなら、まずグラスを回さずに十分香りをかいでみて、それから回し始めるとも教えてもらった。そうすると確かにワインのおいしさがよくわかる。さすがイチローだね」

 メルビンは、そんなイチローがマリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターとしてコーチングに専念する姿に驚きはないという。常識を疑うイチローだからこそ、自分や指導する選手にどんなやり方がいいかとじっくり考えたうえでグラウンドに入っていると見る。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 739文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

イチロー
ボブ・メルビン
シアトル・マリナーズ

MLBの前後の記事

ページトップ