Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[米データサイト記者が予測]大谷翔平がMLB史上最高年俸を更新する日

posted2022/04/02 07:05

 
[米データサイト記者が予測]大谷翔平がMLB史上最高年俸を更新する日<Number Web> photograph by Takao Kawasaki(Illustrations)

text by

ケビン・ゴールドスタイン

ケビン・ゴールドスタインKevin Goldstein

PROFILE

photograph by

Takao Kawasaki(Illustrations)

スター選手たちが途方もない高額契約を結ぶMLBで、大谷の現年俸は明らかに超格安だ。だが、彼は2022年に年俸調停権を獲得し、さらに翌年オフにはFA市場に躍り出る。その際、もし昨季同様の歴史的な成績を挙げると、一体どんな契約が待っているのか。球団フロントのキャリアを持ち、米メディアの中で“選手分析の第一人者”と評される『FANGRAPHS』の記者が、前代未聞となるであろうその契約の中身を、明晰に予測する。

 大谷翔平は2021年シーズンに米球界で歴史を作り、文句なしの満票でア・リーグMVPに輝いた。史上最多安打や史上最多本塁打のような新記録を樹立したわけではないが、MLBという最高峰レベルの球界で、最も危険な打者の一人となり、最も優れた投手の一人にもなった。一昨年まで1シーズンをフルでプレーできたことが一度もなかったにもかかわらず、とんでもないことをやってのけた。

 しかもわずか2年前の2020年には、打率1割9分と大不振に陥っていた。投手としては2試合にしか登板できず、しかもその2試合で打者16人に対し四球を8つも与えるという惨状だった。

 大谷がMLBの年俸調停という不条理なシステムを避けて2年850万ドルの契約を結んだのは、その酷いシーズンの後だった。そのため歴史的なシーズンを送った大谷の2021年の年俸は、わずか300万ドル。あまりにばかげているとしか思えない金額だった。

 難航していたMLBと選手会の労使協定が遂に締結された後、FA獲得やトレードが怒濤のように次々と決まり、開幕前の米野球界が契約の話題で持ち切りになるなかで、大谷のことはほとんど話題にならなかった。彼が今季もエンゼルスでプレーすることが決まっていること、今季の年俸もすでに550万ドルと決まっていることがその理由だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2131文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ