Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[各界からのラブレター]今年はこんな大谷翔平が見たい!――吉田戦車「妻とふたりで心配していること」

posted2022/04/01 07:02

 
[各界からのラブレター]今年はこんな大谷翔平が見たい!――吉田戦車「妻とふたりで心配していること」<Number Web>

1963年8月11日、岩手県生まれ。'91年『伝染るんです。』で文藝春秋漫画賞受賞。現在『出かけ親』を連載中

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

常識を軽々飛び越える彼ならどんな願いも叶えてくれるはず。シーズン開幕を待ちきれない、大谷ラバーズ有名人たちの熱~いエールを一挙公開!

 もともと高校野球はずっとテレビをつけてるくらい好きで、'09年春に花巻東が甲子園決勝へ進出した時は、球場まで見に行きました。岩手県勢の中でも地元の水沢に近い高校でしたし、こんな機会もないなと思って。その応援の熱が翌年も続いて「今年はどうだろう」なんて見ていた時に、いい投手が新しく入った、しかも出身が水沢南中学校と知って「なんだ! 同じ中学じゃん」と驚き、注目したのが大谷さんでした。

 母校の水沢南中は地元だと「ナンチュウ」と呼ばれています。ナンチュウの同窓会では「息子が大谷の同級生」という話を聞いて、大谷さんが「自分の子どもくらいの年代なんだ……」と軽く衝撃を受けました。

 彼が高校1年の2011年、東日本大震災がありました。花巻は内陸なんですが、沿岸から来ているチームメイトもいるという記事を読んで「ああ、彼は被災を目に見える形で体験して、震災関連のニュースや報道も耳にして学校生活を送っているんだな」と思ったんです。災害を経験したすべての子どもたちを応援したいわけですが、大谷さんをその代表のような気持ちで見ているのかな、と思います。

 僕は当時、圧倒的な被害を前に「漫画家なんて役に立たない」と自己否定みたいな気持ちになりがちでした。大谷さんも野球に対して、どこかそういうふうに思うこともあったんじゃないかなと想像します。それでも彼なりに整理をつけて、練習を続け、結果を出すというのはすごいですよね。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 488文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大谷翔平
吉田戦車

MLBの前後の記事

ページトップ