Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[特別インタビュー]大谷翔平「最初のピークは、今年きます」

posted2022/03/31 07:09

 
[特別インタビュー]大谷翔平「最初のピークは、今年きます」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

投げて、打って、走って、プレーオフへ――。心身共に万全のコンディションで迎える今季、ベースボールの旗手は確信に満ちた表情でメジャー5年目への確かな手応えを明かした。

――ロックアウトが続くと球団の施設が使えない可能性があったので、今回のインタビューはこういう場所を用意しました。

「ここ、誰かの家なんですか」

――取材用に借りたレンタルハウスです。

「へーっ、庭は天然芝ですか? えっ、これ、人工芝か。すっげえリアルだなぁ」

――アリゾナの太陽の下、大谷さんの鍛え抜かれた身体を撮りたいと探してきました。でも、今日は長袖ですね。

「僕、脱ぎませんよ(笑)」

――そのトレーニングウェアの下はTシャツか何かでは……。

「秘めておいたほうがいいんですよ。脱がせたいなら(鈴木)誠也のところへ行けば脱ぎますよ、彼ならきっと(笑)」

――今日も絶好調ですね(笑)。ようやく4月7日の開幕が決まりましたが、スプリングトレーニングの開始が遅れたことで、できたこと、できなかったことにはどんなことがあったんですか。

「できなかったことはとくになかったですね。(労使交渉が長引いて)オープン戦の数が削られてしまったので、実戦が短くなった分、それによって得られる進捗に遅れが出ているところはあります。それでもスプリングトレーニングが始まる前にライブBP(実戦形式のバッティング練習)でも打席に立ってきましたし、ピッチング練習もできていました。通常より1週間くらい遅れているくらいかなという感じです」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 8745文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ