Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<ど根性からハードワークまで>
日本スポーツ メンタルの歴史。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2017/04/20 06:00

<ど根性からハードワークまで>日本スポーツ メンタルの歴史。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

1996年 千葉すず「オリンピックを楽しみたい」

日本のスポーツにおけるメンタルの位置づけは、永遠の議題とさえ言えるかもしれない。独特の「根性」「忍耐」「部活」的文化は今も日本人のスポーツ観のどこかに根強く存在している。それはどこから生まれ、いかなる変遷を遂げてきたのだろうか。アスリートたちの内面の変化は、ある意味で日本という国がたどってきた変化をも映し出している。勝利至上主義と自由・自立の絶え間ない角逐の歴史を概観してみると、日本人のメンタルが向かうべき方向がおぼろげに見えてくる。

 星野源がCMでいう。「ライバルは、1964年」。言うまでもなく、東京オリンピックが開かれた年だ。日本がこの大会で獲得したメダルは金16、銀5、銅8。最高視聴率をマークしたのは女子バレーの決勝、日本対ソ連戦だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2659文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大松博文
円谷幸吉
江川卓
野茂英雄
千葉すず
フィリップ・トルシエ
エディー・ジョーンズ
錦織圭

他競技の前後の記事

ページトップ