令和の野球探訪BACK NUMBER

「一つひとつのプレーに理由と根拠が」 “県ベスト8常連の壁”をブチ破りたい千葉明徳ナインに響いたイチローの言葉 

text by

高木遊

高木遊Yu Takagi

PROFILE

photograph byYu Takagi

posted2021/12/30 17:07

「一つひとつのプレーに理由と根拠が」 “県ベスト8常連の壁”をブチ破りたい千葉明徳ナインに響いたイチローの言葉<Number Web> photograph by Yu Takagi

甲子園を目指して成長を誓う千葉明徳ナイン。(前列左から)川島、作田、森岡(後列左から)秋田、青柳

「客観的な目を持つ大事さを学びました。マネージャーはプレーできない分、練習でも試合でも、良い方向に変わったことがあれば気付いて、声をかけていきたいです」(森岡咲南マネージャー)

「より効率的に、どうしたらより良くなるかを考えている方でした。私たちも今よりもっと選手のために何ができるか追求していきたいです」(川島琉愛マネージャー)

「イチローさんが来たことを良いきっかけに」

 一つひとつの行動が憧れを感じさせる「イチローさん」だった。主砲の秋田将吾は「猫背だと力が伝わらないよ」と指導され、打撃だけでなく日常からの習慣を変えようとしている。それは大きな目標があるからだ。

「イチローさんが来たことを良いきっかけにしたい。冬に教えてもらったことをモノにし、夏には先輩たちを超える成績を残していきたいです」

 そう力強く語る秋田の背筋はピンと伸びていた。

 貴重な経験をただの良い思い出に終わらせるつもりはない。寒空の下のグラウンドであちらこちらから出ている白い湯気が、その熱い思いを放出しているかのようだった。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
イチロー
千葉明徳高校

高校野球の前後の記事

ページトップ