サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

日本代表の新世代SB、中山雄太24歳に聞く“最終的なポジションは?”「どこでもやれる気持ちはあるが、現実的に言えば…」 

text by

了戒美子

了戒美子Yoshiko Ryokai

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/12/01 17:03

日本代表の新世代SB、中山雄太24歳に聞く“最終的なポジションは?”「どこでもやれる気持ちはあるが、現実的に言えば…」<Number Web> photograph by Getty Images

東京五輪を経て日本代表で存在感を増す24歳の中山雄太。海外挑戦もオランダで4季目を迎えている

「任されたポジションであれば、僕は結構どこでもやれるっていう気持ちでずっといます。現実的には、サイドバックとボランチは今後もあると思います。でも、オリンピックでサイドバックでずっとプレーし続けたのでそこの意識はすごく変わってきたかな?って思います。

 あとは冷静に考えて、世界的に見てもボランチとサイドバックを両立させる選手が増えてきているので、サッカーの進化に対してもこう挑戦できるところで楽しみは感じながらやれてるかなと」

「将来はプレミアリーグで活躍し続けたい」

 サイドバックとしての自信を深めつつ、万能型のディフェンダーとして欧州で勝負をかける。

「まずチームで試合に出続けたいです。チームはいつも残留争いなので上位、ヨーロッパリーグ出場権争いくらいには絡んで行きたい。あと個人的にはできるだけ得点に関わっていくこと。こっちに来てから少ないですけど(これまで合計4得点)、それでも得点に絡むことが増えて来てるのでもう少し増やしたい」

 今年のチームのコンセプトでは中山のポジションだとあまり攻撃参加することはできないという。それでも得点増を目標にし、「結果で黙らせられると思っているので」と、どこ吹く風だ。

 とはいえ、ズヴォレにいてはチャンピオンズリーグ優勝の目標が叶わないかもしれないということは、うすうす感づいている。

「将来はプレミアリーグで活躍し続けたいというのはあって。僕の中で最高のリーグですし、活躍している日本人も少ない。何か歴史を刻みたいなというところがあります」

 穏やかな口調ながらきっぱりと決意を語った。W杯イヤーの2022年、クラブでも代表でも飛躍の一年としたい。

《前編から続く》

#1から読む「五輪代表が劇的に変わったことに驚いた」24歳“世代別のまとめ役”中山雄太が語る《主将・吉田麻也は何が凄いのか?》

関連記事

BACK 1 2 3
中山雄太
ズヴォレ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ