Number ExBACK NUMBER

「パ・リーグの四番にあんな失礼なボールを…」野村克也がボヤいた清原和博への“失投”【伝説の1993年日本シリーズ】 

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph bySankei Shimbun

posted2021/11/25 11:02

「パ・リーグの四番にあんな失礼なボールを…」野村克也がボヤいた清原和博への“失投”【伝説の1993年日本シリーズ】<Number Web> photograph by Sankei Shimbun

ヤクルトが王手をかけて迎えた1993年の日本シリーズ第5戦。2回表、西武の清原和博は先制ホームランをバックスクリーン左に叩き込んだ

 ここで森が動いた。

 工藤に代わって、二番手に鹿取義隆を起用したのだ。バッターは三番・古田敦也だ。このシリーズではここまで18打数3安打、・167と低打率にあえいでいた。

 それでも、この場面では万全を期して鹿取をマウンドに送ったのだ。

 ヤクルトファンのボルテージが一気に上がる。しかし、絶体絶命のピンチでありながら、やはり鹿取は百戦錬磨の大ベテランだった。

 インコースのシュートで古田を空振り三振。無失点でこのピンチを切り抜けた。

 野村は言う。

「笘篠、古田の凡退がこの日のポイントだった。ここで一気に攻めていれば、押せ押せでいけたのに……」

 森は言う。

「この場面が勝負のポイントだと思った。ここで点を取られると一気に苦しくなる。継投に迷いはなかった」

 野村も、森も、ともに「5回がポイントだった」と振り返るこの場面は西武が制した。両監督ともに「ここが勝負だ」と感じ、ともに動き、ヤクルトのチャンスは潰えた。

「オレをなめとるわ」と伊東勤はつぶやいた

 6回表、ヤクルトのマウンドには伊東昭光が上がった。第三戦であっという間に喫した6失点のふがいないピッチングを挽回するチャンスが訪れた。

 しかし、伊東は6回こそ無失点に切り抜けたものの、7回には二死二塁のピンチを作って、八番・伊東勤を打席に迎えた。次のバッターは九番・鹿取だ。当然、代打が出てくるだろう。野村の頭に敬遠策がよぎる。森は敬遠を覚悟した。野村は言う。

「西武には鹿取の他に、潮崎、杉山が控えている。当然、投手のところで代打が出てくるだろう。おそらく、当たっている鈴木健だろうから走者をためるのがイヤだった」

 この場面で野村が選択したのは「伊東と勝負」だった。野村は「代打・鈴木健」を嫌い、一方の森は、野村の決断を「ありがたい」と感じていた。

 ワンボールワンストライクからの3球目、伊東の放った痛烈な打球は、前進守備を敷いていたセンター・飯田の頭上を越えるタイムリーツーベースヒットとなった。

 これで得点は2対0となった。

 試合後、伊東は報道陣に対して「オレをなめとるわ」とつぶやいたという。

 野村の強気の策が裏目に出た。西武がリードしたまま、試合は終盤へともつれ込んでいく。<後編へ続く>

詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間(インプレス) 書影をクリックするとAmazonのリンクにジャンプします詰むや、詰まざるや 森・西武 vs 野村・ヤクルトの2年間(インプレス) ※書影をクリックするとAmazonのリンクにジャンプします

 

#2に続く日本シリーズ第5戦と同日に『ドーハの悲劇』が…野村克也は「まったく興味なし」、一方の森祇晶がしみじみ語ったこととは?

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
埼玉西武ライオンズ
東京ヤクルトスワローズ
森祇晶
野村克也
清原和博
伊東勤
宮本賢治
古田敦也

プロ野球の前後の記事

ページトップ