SCORE CARDBACK NUMBER

世界選手権で10万ドル争奪戦勃発、もはやアマチュアは無報酬ではない。

posted2021/11/25 07:00

 
世界選手権で10万ドル争奪戦勃発、もはやアマチュアは無報酬ではない。<Number Web> photograph by Getty Images

優勝した坪井は静岡県浜松市出身で浜松工、日大を経て現在自衛隊に所属。引退の覚悟をもって今大会に臨んだ

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

Getty Images

 セルビアで開催されたボクシング男子の世界選手権大会。1974年の第1回以来これまで日本選手が誰ひとりとして優勝したことがなかった大会で、ついにジンクスが破られた。バンタム級の坪井智也とウェルター級の岡澤セオンの2人が激戦を勝ち抜き、世界の頂点に立ったのだ。これまでは10年前の村田諒太の銀メダルが日本勢の最高成績だったから、一挙に2人の金メダリスト誕生は奇跡のようなものである。

“アマチュアのプロ”を公言している岡澤は、東京五輪では結果を残せなかったが、今回は安定した試合運びで勝ち進み、決勝ではジョーンズ(米国)を3-2判定で下した。予告通りの優勝はあっぱれというしかない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 622文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

坪井智也
岡澤セオン

ボクシングの前後の記事

ページトップ