Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[栄光と挫折のメジャー戦記]レッドソックス時代「頂点でも達成感は微々たるものだった」

posted2021/11/05 07:03

 
[栄光と挫折のメジャー戦記]レッドソックス時代「頂点でも達成感は微々たるものだった」<Number Web> photograph by Getty Images

'07年ア・リーグチャンピオンシップシリーズ最終戦に先発し勝利。ワールドシリーズ進出を手繰り寄せた

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

2007年、レッドソックスが総額1億ドルで契約した右腕はプレーオフで2勝を挙げ、世界一の絶景を1年目で手に入れた。その後経験した右ヒジへのメス、マイナー暮らし、中継ぎ起用。頂点からどん底までを経験したアメリカの地で、“Dice‐K”が揺るがず抱き続けていた信念とは――。

 山の頂から目にする光景は、格別だった。2007年10月28日、遥か西に冠雪のロッキー山脈がそびえるコロラド州デンバーのクアーズフィールド。ワールドシリーズでロッキーズを無傷の4連勝で破り、メジャー1年目で世界一をつかんだレッドソックス松坂大輔は、高級シャンパンの泡にまみれながら、感慨深げに激動のシーズンを振り返った。前日の第3戦では、自ら2点適時打を放ち、ワールドシリーズでは日本人初の勝利投手となった。公式戦でも先発ローテーションの一角として15勝、201奪三振をマークし、12年ぶりの地区優勝に貢献した。

「大変な1年でした。苦しいと思ったことはありましたが、最後まで長く野球ができて良かったです。最後に勝者になれて、もう言うことはありません」

 横浜高時代の甲子園春夏連覇、西武での日本一、WBCの初代王者に続き、メジャーの大舞台でも、最後に勝者になった。

 だからといって、天賦の才だけで、頂点に立ったわけではない。たとえ逆風にさらされても、松坂は常に、その先にある、勝者のイメージを持ち続け、野球人生を歩んできた。横浜高時代の恩師、渡辺元智監督の教えでもある「目標がその日その日を支配する」の言葉を心に刻み、周囲には窺い知れない困難にも立ち向かってきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2349文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

松坂大輔
ボストン・レッドソックス
イチロー

MLBの前後の記事

ページトップ