濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

「対人恐怖症」「引きこもり」だった少女がプロレスと出会い、リングで輝く“強くて綺麗なお姉さん”になるまで《真琴15周年特別グラビア》 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2021/10/27 11:01

「対人恐怖症」「引きこもり」だった少女がプロレスと出会い、リングで輝く“強くて綺麗なお姉さん”になるまで《真琴15周年特別グラビア》<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

“元引きこもり”からプロレスを志したのち、多くの団体を渡り歩き今年15周年を迎えたプロレスラーの真琴

 SMASHからTAJIRIの新団体WNC、WNC-REINAを経て、REINAでは自分がトップに立ち、マッチメイクをしたり後輩に指導するようにもなった。すでに真琴はいくつものベルトを巻き、女子プロレス最前線の人気選手になっていた。

「指導してみて思ったのは、私って身内には厳しいんだなって(笑)。でも身内だからこそ、早く一人前になってほしいからこそ厳しくなるんですよね。アイスリボンにいた頃は反発してばかりだったけど、今ではさくらさんの気持ちがよく分かるし、さくらさんの弟子でよかったって思います」

 さくらは発想が斬新なだけでなく、技術的な指導も細かかった。「人に物を渡す時、受け取る時は必ず両手で」といった礼儀も教わった。真琴も後輩に同じことを教えたという。

 さくら、NEO、SMASHなど、15年のキャリアの中で多種多様なレスラー、団体から幅広い教えを受けた。

「いろんな“味”を知っていると思います。でもそれが相殺されちゃってる気もするんですけど」

記念興行の名は『鬼滅の刃』から取った

 現在はフリーとして活動。独り立ちしながらも相変わらず強気にはなれない。それでも一念発起して15周年記念興行を開催することにした。11.1後楽園ホールの大会名は『僕たちは萌え盛る旅の途中で出逢い、』にした。『鬼滅の刃』劇場版の主題歌から取っている。『鬼滅』劇場版は予備知識ゼロで見て、最終的に映画館で53回見るほどハマった。IMAXにドルビーシネマと「『鬼滅』のおかげでいろんな映画館に行けました」。Blu-rayもDVDも買った。ソフト発売に合わせてテレビも新しくしたそうだ。

「でもやっぱり、生きた煉獄さんに会うのは映画館が一番いいですね」

 どうもとことんのめり込むタイプらしい。きっとプロレスもそうだったのだ。負けず嫌いでもあった。

 アイスリボン時代、他団体に出ると裏でさくらのことを悪く言う者もいた。何しろリングも組まず子供に試合をさせる団体だ。新しいからこそ風当たりも強かった。

「あの人、何考えてんの?」

 そんな言葉を聞くと腹が立った。今回の自主興行開催に「大丈夫なの?」と言う者もいた。興行は初めてなのにいきなり“聖地”後楽園が埋まるのかというわけだ。そんな声を見返したいとも思っている。

「でも最初はチケットがなかなか売れなくて大変でした。正直、眠れなかった。SNSのフォロワーは多いほうだと思うんですけど、私は人気ないんだなぁって」

【次ページ】 「私はプロレスしか知らない。プロレスだからやってこれた」

BACK 1 2 3 4 NEXT
真琴
アイスリボン
NEO
SMASH
WNC-REINA

プロレスの前後の記事

ページトップ