プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“日本のエース”山本由伸、田中将大と「10cm差のステップ幅」に見る“唯一無二”の凄み《侍ジャパン初戦を6回無失点9奪三振の快投》 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2021/07/29 11:10

“日本のエース”山本由伸、田中将大と「10cm差のステップ幅」に見る“唯一無二”の凄み《侍ジャパン初戦を6回無失点9奪三振の快投》<Number Web> photograph by Getty Images

初戦のドミニカ戦で先発し、6回無失点に抑えた山本

こんなダイナミックな投げ方をできる投手は唯一無二

 いまの日本球界でこんなダイナミックな投げ方をできる投手は唯一無二。まさに山本が山本である所以を見た場面だったのである。

 今季は所属のオリックスで前半戦終了時で9勝、防御率1.82、121奪三振といずれもリーグトップの数字を残しての代表入り。巨人・菅野智之投手の辞退などアクシデントが続いた投手陣の中で、稲葉篤紀監督にキーマンと指名されて開幕先発を任された。

「オリンピックの先発投手は、プレミア12での中継ぎの経験とはまた違った役割として、良い経験ができました。ドミニカ共和国の打者はパワーが凄いので、ホームランだけは気をつけて甲斐さんを信じて投げました」

 打線の援護がなく五輪での白星はお預けとなったが、中盤まで託された役割をしっかり果たして苦しむチームをこの右腕が支えたことが、最後の勝利への布石となった。

 順調に勝ち進めば次の登板は8月4日の準決勝。2004年のアテネ大会では松坂大輔投手(当時西武)、2008年の北京大会では杉内俊哉投手(当時ソフトバンク)と2人のエースが任された金メダル奪取には絶対に負けられない試合だ。過去2大会はいずれもここで涙を飲んだが、東京大会は山本の右腕で3度目の正直に挑む事になる。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
山本由伸
田中将大
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

プロ野球の前後の記事

ページトップ