Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[始まりの日を見届けて]本物のゲームが幕を開ける

posted2021/07/29 07:06

 
[始まりの日を見届けて]本物のゲームが幕を開ける<Number Web> photograph by Homare Doi/JMPA

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Homare Doi/JMPA

 2021年7月23日は不思議な日だった。東京五輪の始まりを告げる日だと言われていたが、朝からどこかひっそりとしていた。いつもなら人で溢れている地下鉄の車内は空席が目立っていた。多くの人は連休を利用して東京を離れたようだった。

 だが、国立競技場へ近づくにつれて街の様相は一変していった。JR千駄ケ谷駅の改札を出ると、歩道が人で埋まっていた。車道にまであふれた人々は制御しようとする警官を飲み込み、マスクをした顔と顔が触れ合わんばかりに押し合っていた。

「だって一生後悔することになるかもしれないから!」

 年配の女性はそう言うと、窒息してしまいそうな人混みの中へ飛び込んでいった。

 緊急事態宣言が出され、ウイルスの感染拡大が再び始まった大都市の中で、人々は肩をぶつけ合いながら一様に空を見上げていた。航空自衛隊のアクロバットチームが国立競技場の上に描く五輪マークを待っているようだった。

 午後0時40分、晴れた夏空にブルーインパルスが雲を引くと、人々は見入った。久しく見ていなかったものを目にしたような顔をしていた。青を背景に5つの輪が浮かぶと、群衆から拍手が起こった。

 そこにいるのは、このオリンピックに何かを見出そうとしている人たちだった。

 陽が沈んで蝉の声が止むと、街はまた別の顔になった。国立競技場のまわりにはオリンピック反対のプラカードを掲げた人々が集まり始め、拡声器を通して怒りの声を響かせていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1392文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

HEAT UP! TOKYO2020東京五輪 金メダル速報&後半戦プレビュー

関連記事

東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ