新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『私が欲しかったもの』摂食障害、窃盗症との苦闘。アスリートの「弱さ」を考える。 

text by

岡部祐介

岡部祐介Yusuke Okabe

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2021/06/29 07:00

『私が欲しかったもの』摂食障害、窃盗症との苦闘。アスリートの「弱さ」を考える。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『私が欲しかったもの』原裕美子著 双葉社 1430円

 本書は、元トップアスリートでマラソンランナーの原裕美子氏がこれまでの人生を回顧し、心境を綴った記録である。それは彼女が人知れず抱えてきた「生きづらさ」の告白でもある。

 アスリートは、徹底した競争原理のもとで卓越性を追求していく。優勝劣敗の能力主義が支配する競技スポーツの世界に身を投じるアスリートの姿から、私たちは厳しい環境を生き抜く「強さ」をみいだすことができるだろう。

 ところが、本書では過度な体重管理によって引き起こされた摂食障害、その影響による窃盗と逮捕を振り返り、その後診断された窃盗症(クレプトマニア)を克服するための苦悩や葛藤が語られていく。そこにはアスリートとしての輝きや強さとは対極的な「弱さ」がみられる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 675文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<特集 阪神タイガース>猛虎新風伝Tigers1985-2021

関連記事

原裕美子

陸上の前後の記事

ページトップ