SCORE CARDBACK NUMBER

「悔しい。死ぬまで絶対に忘れない」 欧州に渡ってわずか9カ月で日本に戻った天野純は誰より“ちゃぶっている”

posted2021/05/29 17:00

 
「悔しい。死ぬまで絶対に忘れない」 欧州に渡ってわずか9カ月で日本に戻った天野純は誰より“ちゃぶっている”<Number Web> photograph by Getty Images

第7節の湘南戦、第10節の札幌戦でも途中出場からゴールを演出した天野。絶好調のチームでも存在感は大きい

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

「ちゃぶる」は受け継がれている。広島弁で相手を翻弄する、遊びを入れるという意味。“初代ミスターマリノス”木村和司が2010年に古巣で指揮官に就任し、流行させた言葉である。

 GW明けの横浜F・マリノス―ヴィッセル神戸戦。この日の天野純は、アンドレス・イニエスタよりもちゃぶっていた。

 前半途中、マルコス・ジュニオールの負傷によってスクランブル発進すると味方のシュートにつなげる好パスあり、好クロスあり。彼のアクションから何か起こりそうな予感が漂っていた。

 前半41分、ハーフウェーライン付近でボールを受け取るや否や、左サイドのスペースにサイドチェンジのボールを送ってオウンゴールを誘発。翻弄という点では後半早々、左サイドで相手をダブルタッチでかわし、目の前に3人いながらも質のいいアーリークロスを入れたシーンがあった。もし木村が観ていたら唸ったに違いない。終盤には味方のシュートが弾かれたところを押し込んで今季初ゴールをマークしている。

今あらためて感じているのは

 F・マリノス育成組織出身の29歳は1年前、志半ばで日本に戻ってきた。木村や中村俊輔らが身につけた10番を受け継いだ'19年シーズン夏、「欧州で活躍したい」という夢を実現するために苦悩の末、ベルギー2部ロケレンに渡った。しかしクラブが裁判所から破産宣告を受けたため、わずか9カ月でのレンタルバックとなってしまった。コロナ禍もあって夢へのチャレンジを断念せざるを得なかった。

 彼が語ってくれたことがある。

「心にあるのは悔しいという思い。死ぬまで絶対に忘れないと思います。今あらためて感じているのはサッカーを楽しむことが重要なんじゃないか、と。対戦相手も含めて一番楽しそうにやっている選手でいたい。そうすることで、いいプレーって出てくると思いますから」

 悔しい気持ちを胸に刻み、楽しむ気持ちを忘れず。

 激しく体をぶつけるファイトぶりはベルギーでバージョンアップしたもの。荒々しさを意味する古語の「ちはやぶる」も兼ね備える。

 ちゃぶるも、ちはやぶるも。

 今のアマジュンには二つの魅力が詰まっている。

ウマい騎手ってなんだ?~日本ダービー直前競馬総力特集~

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1027

ウマい騎手ってなんだ?
~日本ダービー直前競馬総力特集~

【大本命の勝算】
エフフォーリア&横山武史「無敗二冠へ、怖いものなし」

【トップジョッキー大研究】
武豊の4000勝騎乗論
ルメールは何が凄いか
川田将雅の「原点」
福永祐一の1週間

【ノンフィクション】
トウカイテイオーの血脈を追って

【パラ連載最終回】
香取慎吾

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

天野純
横浜F・マリノス

Jリーグの前後の記事

ページトップ