SCORE CARDBACK NUMBER

「チームが勝っているのは嬉しいですが」 ケガから戦列復帰のレッズ・秋山翔吾が抱く“強烈な危機感”

posted2021/05/27 06:01

 
「チームが勝っているのは嬉しいですが」 ケガから戦列復帰のレッズ・秋山翔吾が抱く“強烈な危機感”<Number Web> photograph by Getty Images

メジャーに昇格した5月7日、9番・レフトで今季初出場を果たした秋山。この日は3打数ノーヒットに終わった

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Getty Images

 メジャー2年目の「開幕戦」を迎えるレッズ秋山翔吾の表情は、いつも以上に引き締まっていた。3月のオープン戦で左太もも裏を痛め、戦列を離脱した。その間、公式戦は開幕し、月日は経過した。メジャーの舞台に戻ってきたのは5月7日。今季30試合目だった。

「自分としては1戦目。チームの流れの中に入っていくという難しさもあると思いますし、何かしら存在感を出していかないと。ちょっと特別な気持ちになると思います」

 1年目の昨季は、コロナ禍で春季キャンプが3月中旬に中断し、開幕は7月下旬までずれ込んだ。初めての異国の環境で、しかも特殊な状況だけに、心身ともに適応するのは簡単ではなかった。8月終了時点で打率は1割9分6厘。期待された1番ではなく、下位打線で起用されるようになった。だが、試行錯誤を繰り返した末、本来の広角打法を取り戻した9月は、月間打率3割1分7厘、出塁率4割5分6厘とチームトップクラスの成績を残した。終わってみれば、最後の数週間、スタメン表のリードオフマンのスペースには、ほぼ毎日、秋山の名前が記されていた。

「チームが勝っているのは嬉しいですが」

 だが、秋山には、依然としてレギュラーの感覚はない。離脱中には、今季から加入のタイラー・ネークインが開幕後7試合で5本塁打を放つなど、外野手の争いが激化した。好調な打線を頼もしく感じる一方、慎重にリハビリを進める秋山にすれば、心境は複雑だった。

「チームが勝っているのは嬉しいですが、歯がゆい気持ちがあった。自分が入って、しっかり波に乗っていけるようにしたいと思います」

 デービッド・ベル監督が「翔吾はすばらしいオールラウンドプレーヤー。戻って来てくれて心強い」と話す一方で、秋山の危機感は変わっていない。オフ期間には、メジャーの剛球投手に対し、より強い打球を打つための打撃改良に取り組んだ。昨季ゴールドグラブ賞で次点となった守備力、チーム屈指の走力を持つ一方、打撃への探求心に曇りはない。

「勝つか負けるかだけの勝負。どんな状況でも、全力を出しても大丈夫な状態で戻ってきたので……」

 宿敵相手の目の前の試合だけでなく、チーム内での闘いが続くのもメジャー。2年目の秋山に、一切の油断はない。

ウマい騎手ってなんだ?~日本ダービー直前競馬総力特集~

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1027

ウマい騎手ってなんだ?
~日本ダービー直前競馬総力特集~

【大本命の勝算】
エフフォーリア&横山武史「無敗二冠へ、怖いものなし」

【トップジョッキー大研究】
武豊の4000勝騎乗論
ルメールは何が凄いか
川田将雅の「原点」
福永祐一の1週間

【ノンフィクション】
トウカイテイオーの血脈を追って

【パラ連載最終回】
香取慎吾

定価:本体640円(税込)目次ページへ

関連記事

シンシナティ・レッズ
秋山翔吾

MLBの前後の記事

ページトップ