SCORE CARDBACK NUMBER

果敢なプレーで日本テニスを牽引。引退・鈴木貴男が伝えたこと。~「僕はそういうプレーヤーだった」~

posted2021/05/12 08:00

 
果敢なプレーで日本テニスを牽引。引退・鈴木貴男が伝えたこと。~「僕はそういうプレーヤーだった」~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

全豪での一戦もファンの記憶に残る。テニスを愛し、テニスに魅せられた男が4月の盛田杯で現役生活を終えた

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph by

Hiromasa Mano

 44歳のレジェンド鈴木貴男がこの4月、現役生活に別れを告げた。実業団チームと大学、高校の強豪校によるプロアマ混合の団体戦、JPTT盛田正明杯が最後の舞台になった。昨年の全日本選手権覇者、中川直樹に完敗した鈴木は「今の状態ではこれが精一杯」と笑顔でラストマッチを振り返った。

 最後に国際大会に出たのは'18年。その後もテレビ解説やコーチ業と競技活動を両立させていたが、昨年2月に引退表明した。今後の活動はコーチングが軸となる。これまでに杉田祐一、内山靖崇のコーチも務め、「経験や知識、テニスへの情熱を伝えていきたい」と将来を見据える。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 656文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

長谷部誠は知っている~欧州で輝き続ける37歳のサバイバル術~

関連記事

鈴木貴男
ロジャー・フェデラー

テニスの前後の記事

ページトップ