SCORE CARDBACK NUMBER

デビスカップに懸ける、
ベテラン鈴木貴男の思い。 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2009/03/26 01:16

デビスカップに懸ける、ベテラン鈴木貴男の思い。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

 32歳のベテランが存在感を見せつけた。大阪府門真市のなみはやドームで行われたデビスカップ、日本―中国戦(アジア/オセアニアゾーン1部、2回戦)。第2日のダブルスに出場した鈴木貴男は、パートナーの岩渕聡とともに中国ペアを圧倒、チーム3勝目を挙げ、日本の3回戦進出を決めた。さらに鈴木は、右腕に故障を抱える錦織圭に代わって第3日のシングルスにも出場し、2-0のストレート勝ちを収めた。

 鈴木個人としてはデ杯シングルスでの26個目の勝ち星で、福井烈の持つ日本人最多勝記録「27」にあと一つと迫った。ダブルスでの勝ち数「13」、単複合計の勝ち数「39」、単複合計出場試合数「59」は、いずれも日本歴代最多。シングルスの勝ち数でトップに立てば、デ杯の個人記録を独占することになる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 553文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

世界から見たJリーグJ.League, Yes or No

関連記事

鈴木貴男

テニスの前後の記事

ページトップ