Number on NumberBACK NUMBER

9回打ち切りと優勝争い ~引き分け試合増加の影響は?~

posted2021/04/27 07:00

 
9回打ち切りと優勝争い ~引き分け試合増加の影響は?~<Number Web> photograph by KYODO

3月28日の巨人vs.DeNAは、1-1で9回打ち切りルールが初適用された。あいさつに向かう巨人ナインもどこか複雑な表情?

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

KYODO

 プロ野球が開幕して、4月6日の時点で59試合が行われたが、8試合が引き分けだった。新型コロナウイルス感染症の影響によって、プロ野球としての対応が考えられ、開幕前になって、延長戦は行わず、9回までというルールが決まった。引き分けが増えることは十分に考えられたことだったが、過去になかったほどの割合で引き分け試合が出ていると言える。引き分けが増えることで、どういったペナントレースになる可能性があるのか、歴史を振り返りながら考えてみたいと思う。

 日本のプロ野球では、延長戦が少なかった時代があった。1974年から'82年までは、両リーグともに、試合開始から3時間を経過した場合、9回までは行うが、延長戦になっていた場合は、3時間が経過した時点のイニングまでで打ち切る、という規定だった。延長戦がゼロではないが少なく、引き分けが増える傾向にあったという意味では、興味深い時代ではあった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1599文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オリンピックの話をしよう。アスリート50人が語る東京五輪

プロ野球の前後の記事

ページトップ