SCORE CARDBACK NUMBER

大谷翔平、「リアル二刀流」で本塁打。史上初快挙の裏に“ベストの体調”。

posted2021/04/17 07:00

 
大谷翔平、「リアル二刀流」で本塁打。史上初快挙の裏に“ベストの体調”。<Number Web> photograph by KYODO

DHを解除した投手の本塁打はメジャー史上初。「2番・投手」で自身としてもメジャー初の投打同時出場を果たした

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

KYODO

 マウンドから101マイル(約163km)の速球を投げ込み、打席からは右中間へ飛距離約137mの豪快弾をたたき込む――。

 開幕4戦目の4月4日。エンゼルス大谷翔平が、ついに「リアル二刀流」の本領を発揮した。本拠地でのホワイトソックス戦でDHを解除し、「2番・投手」として出場。初回をノーヒットで切り抜けると、その裏、豪快な先制ソロを放った。全米へ生中継したスポーツ専門局「ESPN」の解説者アレックス・ロドリゲス氏(元ヤンキース)が、一瞬、言葉を失うほどの衝撃だった。

 結果的に、投手として5回途中3失点、打者としては3打数1安打1本塁打。白星こそ逃したが、大谷は清々しい表情で「リアル二刀流」としての第一歩を振り返った。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

オリンピックの話をしよう。アスリート50人が語る東京五輪

関連記事

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後の記事

ページトップ