ラストマッチBACK NUMBER

<現役最終戦に秘めた思い(11)>上村愛子「母の言葉が背中を押してくれた」

posted2021/03/03 08:00

 
<現役最終戦に秘めた思い(11)>上村愛子「母の言葉が背中を押してくれた」<Number Web> photograph by KYODO

スキーヤーとして生まれ育った白馬で有終の美を飾った上村を、仲間たちは胴上げで祝福した

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

KYODO

挑むこと5度、ついにメダルに手は届かず――。儚くも五輪の夢が潰えた“愛ちゃん”は2カ月後、特別な場所・白馬で、最後の滑走を迎えていた。

2014.3.27
全日本フリースタイルスキー選手権
モーグル
成績
優勝(23.81点)

   ◇

 雲ひとつない透き通るような空の下で上村愛子はブーツを履いた。ずっと共に闘ってきた同志のような存在だ。トッププレーヤーは契約メーカーの新作が出るたびに用具を新しくすることがほとんどだが、上村はビンディングもスキー板も「この子たち」と呼んで使い続けてきた。

 初めて出た長野から、ソルトレークシティ、トリノ、バンクーバー、そしてソチ、5つのオリンピックと無数の大会、この20年余りの多くをともにしてきた。

 それも今日で最後だ。

 上村は前日、このレースを最後に引退すると表明した。

《私はずっと金メダルを獲りたいと思ってきました。だから、金メダルを目指せるアスリートでいられなくなったら、それが辞める時なのかなと……》

 まだ高校生だった長野オリンピック、姉のように慕っていた3歳上の里谷多英が金メダルを獲得した。日本女子として冬季五輪史上初の快挙に、本人より先に泣いた。涙の後に感じたのは、驚きと羨望だった。

《やはりオリンピックの金メダルでないとあんなに多くの人を喜ばせることはできない。それを目の前で見て、私も金メダリストになるという夢を持ち始めたんです》

 それからずっと、上村はメダルを獲るために滑ってきた。そしてついにメダルを手にすることはできなかった。2カ月前のソチでは手が届いたかに思えた。オリンピックという舞台で初めて全てを出し切る滑りができた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3900文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<プレミア最前線>不死鳥リバプール大研究
上村愛子

冬季スポーツの前後の記事

ページトップ