野球クロスロードBACK NUMBER

「パリーグは怖い。最下位オリックスだって…」楽天ドラ1左腕・早川隆久が明かす“早大の先輩のアドバイス” 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph bySankei Shimbun(球団提供)

posted2020/12/15 17:03

「パリーグは怖い。最下位オリックスだって…」楽天ドラ1左腕・早川隆久が明かす“早大の先輩のアドバイス”<Number Web> photograph by Sankei Shimbun(球団提供)

11月24日に楽天と入団合意した早大の早川隆久投手

 すべては、「即戦力」と最大評価で自分を受け入れてくれた楽天に報いるためだ。

 ドラフトから度々報道されているが、「新人王」の目標はマスコミから言わされたわけではない。早川の強い意志によるものだ。

 改めて決意を表明する。

「新人王のタイトルは獲得できる期間が決まっているので、狙っていきたいですよね。そこから、徐々に段階を踏んでいきたいです」

 投手であれば、新人王の最低ラインのひとつに「10勝以上」が挙げられる。

 早川がその数字をクリアする――それはすなわち、球団史上初の「2桁左腕」の誕生と同義となる。

「え!? いないっすか? 知らなかったです」

 早川の目が丸くなる。高揚感がにじみ出る。

「モチベーション上がりますね。まだプロで1球も投げていないのに、言うことじゃないですけど(笑)、そういう記録が見えると、より目指したいって思えてきますよね」

「21」は初代エースの番号

 新人王への意欲は、12月5日に行われた新入団選手記者会見でも示した。

 同時にユニフォーム姿も初披露され、早川の背番号が「21」に決まった。

 少し、意外だった。というのも、インタビューをした時期、その番号はまだ釜田佳直のものであり、早川も「15番あたりなんですかねぇ」と、漠然と予想していたからだ。

 ただ、勝手ながら解釈させてもらうと、「21」は早川にふさわしい番号だと感じる。

 報道にもあるように、楽天の初代エース・岩隈久志の番号であり、早川がその系譜を継ぐにふさわしい投手であること。

 もうひとり。釜田の意志を継承することにも大きな意味を持つ。

 14年に右ひじのトミー・ジョン手術(内側側副靱帯再建手術)。18年には右肩とひじにメスを入れるなど、大きな故障に見舞われながら、その度に復活を果たし、一軍マウンドに帰ってくる。それが釜田という投手だ。

 高校からのプロ入りを断念し、大学での研鑽を経て、ドラフト1位の評価を得るまでの投手に成長を遂げた早川だからこそ、釜田の不撓不屈の精神を受け継いでくれるのではないか――そんな期待も膨らむわけだ。

 いよいよ、早川のプロ野球人生がスタートする。期待と重圧。快速と称される左腕を唸らせ、幾多の想いを白球に乗せる。

 伝統の「21」を背負いしゴールデンルーキーよ、大志を抱け。

(【前回を読む】早大野球部「楽天でもマー君みたいになるんじゃね?」 ドラ1早川隆久が高卒プロ入りを諦め、“155km”無双するまで

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

関連記事

BACK 1 2 3
東北楽天ゴールデンイーグルス
早川隆久
石井一久
早稲田大学

プロ野球の前後の記事

ページトップ