Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

工藤公康「“独裁者”から“理解者”へ」~4連覇への変身~

posted2020/12/08 08:00

 
工藤公康「“独裁者”から“理解者”へ」~4連覇への変身~<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

4連覇を成し遂げたホークスの強さは、工藤監督の変化も大きく関わっているだろう

text by

田尻耕太郎

田尻耕太郎Kotaro Tajiri

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

選手時代を含めると、16度目の日本一に輝いた。自称「野球オタク」。常に野球のことばかり考え続け、選手たちにも同じ姿勢と意識を求めた指揮官のこの4年間の変化と、2020年の進化とは――。

 最初から一つも負けるつもりはなかった。選手時代に日本シリーズには14度出場し、11度の日本一を経験。監督としても、今年で5度目の檜舞台に立った工藤公康監督は、4戦先勝へのあらゆる戦い方を熟知している。

 シリーズ開幕2日前だった。チームは夕方に第1戦が行われる大阪への移動を控えていた。午前中から本拠地のPayPayドームで最後の調整を行い、その練習後に工藤監督を代表取材の5名の記者が取り囲んだ。そのうちの1人から「いよいよ大阪ですね」と息巻いた質問が飛ぶ。だが、誘いには乗らない。「まだ明日からです。選手たちも、今日はまだしっかり体の手入れをして良い調整をしてもらえればいい」と笑顔と共にたしなめた。

 しかし、心に熱を帯びていないわけではなかった。シリーズの展望に話が及ぶと、徐々に勝負師の顔になっていく。

「VTRはずっと見ています。選手ならば対戦相手となる投手、もしくは打者を見ればいいですけど、僕の場合はそのチームの流れだったり、どんな試合運びをしたりするのかを確認しないといけないので、どうしても時間がかかってしまう。大阪に行ってからも、しっかり時間をかけて見ます」

 その言葉から、球団のスタッフが教えてくれた話をふと思い出した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3695文字

ウェブ有料会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<緊急追悼特集>さらば、マラドーナ。神に最も愛された男
工藤公康
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後の記事

ページトップ