Number ExBACK NUMBER

なぜ楽天・涌井秀章(34)はウエートトレーニングをピタリとやめた? 本人が明かすイチローとダルの影響 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2020/11/07 11:03

なぜ楽天・涌井秀章(34)はウエートトレーニングをピタリとやめた? 本人が明かすイチローとダルの影響<Number Web> photograph by KYODO

今季チームトップの11勝。自身4年ぶりの2桁勝利を挙げた涌井

ダルビッシュからの1通のメール

 地道なトレーニングは、言うまでもなくパフォーマンスにも反映されている。投手にとって生命線である投球フォーム。今季、その再現性が高まっているというのだ。

「結構いい形に、ある程度は思った通りに投げられていると思います」

 フォームが安定することによって、制球力も高まり、球威も増した。とりわけ、ストレートの質が向上したのだと涌井は言う。

 背景には、盟友のアシストも絡んでいる。

「去年の夏くらいに、ダルビッシュから『真っすぐの握りを変えたらよくなった』ってメールがきて。それを取り入れたら、自分もよくなったんですよね。そういうのも、今年にちょっとつながっている部分はありますね」

「あと5年くらい、しっかり投げられるように…」

 このとき、涌井はダルビッシュと交わした「約束」がある。

「あと5年くらい、しっかり投げられるように頑張ろうな」

 本来の自分を取り戻し、新たなステージに進むまで、涌井は少しだけ遠回りしたのかもしれない。だが、その間、とことん自分の体と会話を重ね、より理解できた。

 だから、もう迷うことはない。

「30歳を過ぎると、35、40って5年おきくらいに体の変化を実感するみたいなんで。だから、怪我をしないようにケアだったり、トレーニングをしっかりやっていきたいなって思ってはいますね」

 涌井は来年35歳になる。きっと、体の変調を自覚するのだろう。

 彼にとって衰えを知らせるシグナルか?

 そうではない。さらなる進化の兆しである。

ダルビッシュ進化論

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1014

ダルビッシュ進化論

【独占インタビュー】 ダルビッシュ有「もっと強くなるために」

【YUを語ろう】 前田健太/菅野智之/涌井秀章/秋山翔吾/川﨑宗則/ヒルマン/バウアー

【徹底分析】 日本人初メジャー最多勝の秘密

【バズる最強投手】 YouTube ツイッター発信録

【特別インタビュー】 大谷翔平「もう一度、腕を振る」

定価:本体582円+税目次ページへ

関連記事

BACK 1 2 3
涌井秀章
ダルビッシュ有
イチロー
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後の記事

ページトップ