フィギュアスケートPRESSBACK NUMBER

フィギュア日本女子11~13歳、「黄金世代」の衝撃 3アクセルや4回転、天才少女が続々と 

text by

野口美惠

野口美惠Yoshie Noguchi

PROFILE

photograph byNobuaki Tanaka

posted2020/11/01 11:04

フィギュア日本女子11~13歳、「黄金世代」の衝撃 3アクセルや4回転、天才少女が続々と<Number Web> photograph by Nobuaki Tanaka

ノービスA1年目にして歴代最高の108.42点で優勝した島田麻央。トリプルアクセルは転倒したが、3回転ルッツ-3回転トウループ-2回転トウループの3連続ジャンプを含め残りのジャンプはすべて成功させた。

日本女子の次なる黄金期が訪れた

 一方、唯一この木下アカデミー勢の独占状態に割って入ったのが、新潟の中井亜美(12)だ。トリプルアクセルに挑戦し、3位に食い込んだ。

 中井は今年10月の東北・北海道ブロック大会からトリプルアクセルに挑戦しており、今回での初成功を目指していた。本番は転倒しつつも回転の勢いは良く、判定は「4分の1回転不足」の「q」マークが付き、回転不足による減点はされなかった。

「普段の練習では、1日に2、3本は、回転は足りないけれど片足で立てています。あと『転んでも良いから締めて回る』という練習をしていて、回り切って転んだことが2本あります」という。初成功の日は近そうだ。

 いずれにしても、11歳と12歳がトリプルアクセルに挑戦し、4人が100点超えを果たした2020年の全日本ノービス。ロシア女子の勢いに驚いている場合ではない。日本女子の次なる黄金期が訪れたことを、実感する一戦だった。

関連記事

BACK 1 2 3 4
島田麻央
柴山歩
大門桜子
中井亜美
濱田美栄
木下アカデミー

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ