Number Do ExBACK NUMBER

元“公務員ランナー”川内優輝33歳「今年はレースがなさすぎて…」あの国家資格試験に合格していた 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2020/10/30 17:05

元“公務員ランナー”川内優輝33歳「今年はレースがなさすぎて…」あの国家資格試験に合格していた<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

昨年からプロランナーとなった川内優輝。コロナでの緊急事態宣言中、自身のTwitterで積極的にランニング情報を発信した

なぜ国家資格試験を受けることに?

 そのノートの中身やコロナ禍でどうしてもモチベーションの上がらない自分自身への叱咤の言葉、そしてGo Toキャンペーンや高地トレーニングを生かした“新川内メソッド”については雑誌で詳細をご覧いただくとして、川内はランニング以外でも予定不調和な取り組みを始めていた。

 それは国家資格である「国内旅行業務取扱管理者」の取得への挑戦という思いもよらぬものだった。

「埼玉県などから学校に通えずに寂しい思いをしている子供たち向けにメッセージをくれと言われて、『今しかできないこと、今できることをやりましょう』と言ったんです。その中には資格の勉強とかそういうこともありますよと。子供たちに勉強しましょうと言ったのに、自分が勉強しないのはよくない。自分の言葉には責任を持たないといけないと思ったんです。元々、高校、大学のときから興味のあった資格で、これまではなかなか時間がなかった。今年も年1回の試験の日にマラソンのゲストが入っていて受験できないはずだったけど、レースが無くなったから受けられることになったんです」

 その前段階として、川内はオンラインでも受けられる民間資格の「日本旅行地理検定」にチャレンジした。

「上級で受からなかったらテンション下がるので中級に向かって勉強して、部屋の片付けをしながら合間に勉強していました。そちらは合格したので、国家資格の方も申し込んだんです。御嶽山での合宿の合間に一度山を降りて、9月に名古屋で受験しました。コロナでマイナス思考になりがちなのをプラスに捉えようと思ったんです」

 予定不調和な時代に予定調和を許さない男。10月28日の合格発表、ここでは予定通りに(?)見事、国家資格に合格を果たした。

 散発的に開催され始めたトラックのレースには積極的に出場しており、コンディションは上々。12月の福岡国際マラソン、旅行の企画や旅程の管理などもできるようになった川内が、きっと綿密な遠征プランを立てて、久しぶりに42.195kmの舞台に戻ってくる。

発売中のNumber Do「RUNの新常識」では、レースが相次いで中止になった2020年のランニング事情を、ギア、レース、リカバリーなどあらゆる角度から掘り下げました。その中でも、川内選手にご登場いただいた「トレーニング」についての章では、マンションでもできる「宅トレ」や話題の「オンラインレッスン」、トラック練習に取り入れたい「流し」についての記事などを掲載。誌面では、あのモノマネ芸人と本家との共演もあります。
RUNの新常識

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number Do 2020 vol.38

RUNの新常識

高橋尚子×金哲彦「ランの常識を問い直そう」

「私とラン2020」ロンブー田村亮/柏原竜二 ほか

「ギアの新常識」シューズの履き分け/自宅をジムに

「レースの新常識」レースの未来座談会

「トレーニングの新常識」川内優輝練習日誌/宅トレ入門

「リカバリーの新常識」お取り寄せ活用術/サ道を極めろ!

【W独占インタビュー】 大迫傑&石田洸介「陸上の常識を変えていく」

定価:本体1100円+税目次ページへ

関連記事

BACK 1 2 3
川内優輝

陸上の前後の記事

ページトップ