SCORE CARDBACK NUMBER

井上尚弥のラスベガス初戦はハラハラ? 試合報酬もモンスター級、“軽量級の限界”の6倍以上!

posted2020/10/30 11:02

 
井上尚弥のラスベガス初戦はハラハラ? 試合報酬もモンスター級、“軽量級の限界”の6倍以上!<Number Web> photograph by Hiroaki Yamaguchi/AFLO

カシメロとの3団体統一戦が行われるはずだった今年の春、井上は所属の大橋ジムでトレーニングに励んでいた

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph by

Hiroaki Yamaguchi/AFLO

 井上尚弥がジェイソン・マロニーを迎えるWBA&IBF世界バンタム級戦が今月末(現地時間10月31日)と間近に迫っている。前回のドネア戦ではソールドアウト2万超のファンの前で名勝負を演じたというのに、本場ラスベガス初登場がコロナ禍の影響で「無観客」とはなんとも気の毒。しかし全米に放映されるから、ぜひ本場のファンに怪物ぶりを証明してもらいたい。

 日本のモンスターはすでに米国のファンや専門家の間でも評判になっている。昨年11月のドネア戦は米国の老舗専門誌「リング」から年間最高試合に選ばれ、同誌の現役PFP(パウンド・フォー・パウンド)ランキングでも、カネロ・アルバレス、ロマチェンコに次いで3位にランクインしている。これだけでも井上がどう評価されているか想像がつく。

 さらに今度の試合報酬が100万ドルと大橋秀行会長の口から明らかにされたことも、怪物伝説に拍車をかけるだろう。軽量級の100万ドルはアメリカでも超破格なのだ。

 本場のボクシング界でも概ね軽量級の選手の報酬は安い。大橋会長から世界王座を奪い51戦不敗の記録を残して引退したリカルド・ロペスも、タイソンの前座等でラスベガスに登場した時は数万ドル程度だった。中米の宿敵ロセンド・アルバレスとの対戦でも15万ドルとされ、これが軽量級の限界といわれたものだった。

タフな選手が一撃で打たれもろくなることも

 試合に関しては、井上が心身ともこれまでの力を維持していれば、まず勝てると思うが、ひとつ注目していることがある。前戦では難敵ドネアを制したものの、2回にドネアに左フックを直撃され、初のピンチも経験。試合後眼窩底骨折が判明した。相手がドネアだったから仕方ないとはいえ、あれほど深刻なダメージを受けて今後に影響を与えないか。本人はタフネスを証明できたとプラス志向だが、タフな選手がほんの一撃されただけで急に打たれもろくなってしまうこともあるのだ。

 去る1月大橋ジムでスパー再開の日に取材した時の井上は、右目を庇うわずかな仕草もなく、いつものように強気で相手を圧倒していた。それでも今度のマロニー戦は少しハラハラしながら見守ることになるだろう。これに勝って、改めてカシメロとの王座統一戦に進んでもらいたいものだ。

桜の再会~ラグビーW杯ベスト8から1年~

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 1013

桜の再会
~ラグビーW杯ベスト8から1年~

【最強のスクラム対談】
稲垣啓太×堀江翔太「人生で一番ヤバかった試合」

【スペシャルインタビュー】
松島幸太朗「フランスから次のW杯へ」
福岡堅樹「ラグビー界の二刀流」

【あの究極のプレーを語ろう】
田村優/姫野和樹
田中史朗/具智元
山中亮平×中村亮土

【ラグビーの未来を予言する】
エディー・ジョーンズ

定価:本体582円+税目次ページへ

関連記事

井上尚弥
ジェイソン・マロニー

ボクシングの前後の記事

ページトップ