Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

後悔の涙ではなかった…菊池雄星が明かした「高卒メジャー行きを封印した“あの日”」 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byIWATE NIPPO/Kyodo News

posted2020/09/30 11:00

後悔の涙ではなかった…菊池雄星が明かした「高卒メジャー行きを封印した“あの日”」<Number Web> photograph by IWATE NIPPO/Kyodo News

花巻東高のエースは2009年メジャー行きを封印し、西武入団を決断した

「高校生が夢を語れる環境になってほしい」

 いま、改めて当時のことをどう思うのか。現在の心境であの騒動を振り返って欲しいと聞くと、菊池は熱弁をふるった。

 それはこれまでひた隠しにしてきた本音であるように聞こえた。

「大谷もそうでしたが、甲子園で活躍した選手がメジャーに直接行きたいと夢を語る時がいずれくると思います。そういう選手が出てきた時に、高校生が夢を語れて、それを周囲が応援できる野球界になって欲しいなと思います。僕の時は、正直、『ふざけんなよ』という圧力のようなものを感じたし『高校生ごときで何を言ってんだ』という視線もありました。でも、よく考えてみると、世界の舞台に出ていきたい人に対して、批判的な見方をする業界はほとんどないじゃないですか。野球界だけだと思う。メジャーが優れていて、日本のプロ野球が劣るということではなくて、メジャーで成功できる・できないでもなくて、高校生が夢を語れる、そういう環境になってほしい」

 涙の会見で「日本一のピッチャーになってから」と夢を封印した菊池は、プロ入りから9年が経ち、見事に球界を代表するピッチャーになった。

「この人生がベストだと思っています。ライオンズが好きだし、くじを引き当ててくれたのがライオンズで良かったと心底思っています。だから、後悔はありません」

 菊池はそう語っている。だが、いずれ彼が改めて夢を語る日はやってくるだろう。

 高校生だったころ、語ることを許されなかった夢は、きっとより大きなものになっているはずだから。

大谷翔平 旋風の軌跡。

Sports Graphic Number 963

大谷翔平 旋風の軌跡。

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
菊池雄星
花巻東高校

高校野球の前後の記事

ページトップ