濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

史上最年少デビューから15年“子役”から王者へ 女子レスラー・ラム会長のプロレス人生は続く 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph byNorihiro Hashimoto

posted2020/09/15 11:15

史上最年少デビューから15年“子役”から王者へ 女子レスラー・ラム会長のプロレス人生は続く<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

史上最年少デビューから15年のラム会長。誇らしげな顔を見せ、前へ向かうと誓った。

女子のリングへの戸惑いがあった

 ここがラム会長のキャリアの特殊なところなのだが、アイスリボンに参戦し、初めて真っ向から“女子プロレス”に取り組んだのは昨年のことだった。

 それまで666でやっていたのは男女混合マッチ。コミカルというのかカオスというのか、団体公式の場内実況で「茶番」と言われるような試合なのだった。時事ネタもパロディも不謹慎も満載、基本的にマスコミも撮影NG、ノーツイート&報道NGである。

 だがもちろん、それだけではレスラーとしての未来は拓けない。プロレスにどっぷり浸かる決意を固め、基礎から練習を重ねて臨んだアイスリボンで、ラム会長はあっという間に頭角を現した。

 666で男子選手の教えを受けたため、女子のリングには戸惑いもあった。男子プロレスの中には“少ない技で観客を魅了するのがいいレスラー”という考え方がある。逆に女子はテンポが速く手数、技数が多い。ただそこで「こんなの私が教わってきたプロレスじゃない」とはならなかった。

「ダテに15年すごしてきちゃった。でも」

 本人には「キャリアは長くても女子プロレスでは新人」という意識が強く、身長150cmに満たない小さな体で奮闘する姿が好印象を残した。そもそも“ラム会長”は「愛着はあるけど大人が作ったもの」だと自分でも思っている。こうでなくてはいけない、という変なこだわりはなかった。ついでに「特に大きな野望もないんですけど」と以前は笑っていたのだが、今年8月には3人同時対戦ルールのトライアングルリボン王座を獲得している。

 デビュー十五執念記念試合では、重量級の対戦相手3人に苦しめられた。ハードな攻撃を食らうたびに、感染(観戦)するファンから悲鳴やうめき声がもれる。ラム会長のシリアスな攻防を初めて見たのだろう。まさにそれが狙いだったのだ。アイスリボンでの“女子プロレスラー・ラム会長”を666のファンにも見せたいという思いが本人にはあった。場内実況によると、ラム会長が666のリングでまともに受身を取ったのはこの試合が初だったそうだ。

 プロレスラーには、そういう15年もあるということだ。「ダテに15年やってない」の正反対。ラム会長曰く「私の場合はダテに15年すごしてきちゃった。でもそれも私らしい15年かなって」。

【次ページ】 「私の女子プロの日常はこれ」と誇らしげに

BACK 1 2 3 NEXT
ラム会長

プロレスの前後の記事

ページトップ