Number Web MoreBACK NUMBER

羽生さんは別格、では藤井くんは? 中村太地七段が語る将棋の“格”。 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byTadashi Shirasawa

posted2020/09/07 11:50

羽生さんは別格、では藤井くんは? 中村太地七段が語る将棋の“格”。<Number Web> photograph by Tadashi Shirasawa

藤井聡太六段(対戦時は五段)は羽生善治二冠に勝利した。しかし、これで「藤井くんの方が強い」と言えないのが将棋の奥深さなのだ。

谷川九段は他の棋士に「君たち、悔しくないのか」。

 強い相手にこそ燃える。それはアスリートだけではなく棋士も一緒。今回の優勝で藤井六段にはさらなる注目が集まるのは必至だ。それだけに、将棋ブームに喜びを感じつつ、棋士1人ひとりに思うところはあるだろう。

 この日、藤井六段の快挙を受けて羽生二冠や加藤一二三九段ら有名棋士のコメントが続々とリリースされた中で、自身も中学生でプロ棋士になった谷川浩司九段の言葉を拝借する。

「全棋士参加の棋戦で優勝するのはまだ難しいと考えていました。私たちの予想を遥かに上回るスピードで、強くなっているようです。名人と竜王を破っての優勝は見事ですが、ただし20代、30代の棋士に対しては『君たち、悔しくないのか』と言いたい気持ちもあります」

 早すぎる昇段は“藤井時代”への序章か、それとも年上のプロがプライドを見せるのか。

 藤井聡太六段はもちろん、打倒・藤井を掲げて他の棋士が目の色を変える姿もまた、将棋の魅力となるはずだ。

藤井聡太と将棋の天才

Sports Graphic Number 1010

藤井聡太と将棋の天才

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
藤井聡太
羽生善治
中村太地

ゲームの前後の記事

ページトップ