川田利明の名言 

今日の名言 

三沢さんと戦うようになってから、三沢さんとまったく顔合わせなくなったし。

川田利明(プロレス)

2020/08/05

1990年代の全日本プロレスは三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明の「四天王」を中心に回っていた。高角度式の投げ技の応酬になるにもかかわらず、30分以上を戦いきる驚異的なスタミナに魅了されたファンは数多い。その中でも特に、高校時代のレスリング部で先輩・後輩の関係性である三沢vs.川田は当時のゴールデンカード。三沢のエルボーや川田のハイキックなど、技の1つ1つに重みと物語性があった。それについて川田は、「感情が出なかったら、面白くないよ。そんなもん普段からあってたら、感情がリングで出ないから」と述懐している。

Number1006号(2020/07/02)

<プロレス名勝負秘話>ベストバウトをぶっ飛ばせ!
人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ