Number NewsBACK NUMBER

阪神、ボーア不在も3連勝&勝率5割なるか?
43歳福留の存在感、ファインプレー&犠飛2本! 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/07/19 21:07

阪神、ボーア不在も3連勝&勝率5割なるか?43歳福留の存在感、ファインプレー&犠飛2本!<Number Web> photograph by Kyodo News

ボーアの代わりに5番に入った福留。ファインプレーやバットで存在感を発揮した。

<7月19日 セ・リーグ>
阪神ー中日

 右臀部の張りを訴えたボーアが今季初めてベンチ外となった阪神。主砲不在の中、阪神は序盤から攻勢を仕掛けた。

 近本が3試合ぶりのヒットで出塁、10試合連続安打中の糸原が四球を選んでチャンスを広げると、こちらも好調の3番サンズがレフト前へ。その後、4番大山のタイムリー、5番福留はきっちり犠牲フライを放って3点を先制。今季2勝の梅津&A・マルティネスの中日バッテリーを早々に攻略した。
 
 一方、7月に入って白星が続いている阪神左腕・岩貞は、この日はやや不安定な立ち上がり。ビシエドにホームランを浴びるなど、球数が90球を超え、同点のまま4回裏に代打が送られた。だが、阪神はそこから満塁のチャンスを作って梅津をKOすると、中日2番手・藤嶋の2者連続押し出し四球やまたも福留の犠牲フライなど、ノーヒットで3点を勝ち越した。

 さらに糸原が11試合連続安打でチャンスを広げた6回裏、続くの福留のポテンヒットがタイムリーとなるなど、運も味方につけて着実にリードを広げた。試合は6回を終了し、阪神が4点のリードを守っている。

 一時は借金を「8」まで増やした阪神だったが、今日勝てば勝率5割に。さらに前回、敵地で3タテを喫した中日相手に、借りを返す3連勝となるか。

関連コラム

阪神タイガース

ページトップ