沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

宝塚記念に揃った8頭のGI馬たち。
勝者が得る「現役最強」への挑戦権。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byYuji Takahashi

posted2020/06/27 19:00

宝塚記念に揃った8頭のGI馬たち。勝者が得る「現役最強」への挑戦権。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

香港ヴァーズでグローリーヴェイズはラッキーライラックを突き放して見せた。宝塚記念ではどうか。

ライアン、パーマー、マックイーン……。

 メジロ牧場はしかし、2000年代になると成績が落ち込み、’11年5月に解散した。残された土地と繁殖牝馬を引き継ぐ形でレイクヴィラファームが発足し、ノーザンファームのサポートを受けながらマーケットブリーダーとなった。そのレイクヴィラファームの生産馬として初めてGIを制したのが、このグローリーヴェイズなのだ。

 宝塚記念の勝ち馬には、メジロムサシ、メジロライアン、メジロパーマー、メジロマックイーンと「メジロ軍団」が名を連ねている。しかも、ライアン、パーマー、マックイーンは、軍団による3連覇であった。

 グローリーヴェイズのように、自らの活躍によって、血に眠る物語を見せてくれる駿馬には、個人的にどうしても肩入れしたくなってしまう。

上位馬には外国人騎手がずらり。

 今年の宝塚記念は、ここに記した「3強」に、キセキ、ブラスワンピース、クロノジェネシスらが挑む、という図式か。

◎グローリーヴェイズ
○サートゥルナーリア
▲ラッキーライラック

 上記3頭の鞍上は、ダミアン・レーン、クリストフ・ルメール、そしてミルコ・デムーロ。これも今の日本の競馬界の姿だ。

 この宝塚記念が最後の「無観客GI」となることを願いながら、ハイレベルな叩き合いを堪能したい。

関連記事

BACK 1 2 3
サートゥルナーリア
ラッキーライラック
グローリーヴェイズ

競馬の前後の記事

ページトップ