オリンピック名著探訪 「五輪の書」を読むBACK NUMBER

『冠(コロナ) 廃墟の光』
アトランタの巨大商業化に見た、
近代五輪滅びの予感。 

text by

後藤正治

後藤正治Masaharu Goto

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2020/07/01 07:30

『冠(コロナ) 廃墟の光』アトランタの巨大商業化に見た、近代五輪滅びの予感。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『冠(コロナ) 廃墟の光』 沢木耕太郎 朝日文庫 2004年刊、2008年文庫化 700円+税

 本書の元原稿は、本誌『Number』に連載されたアトランタ五輪の観戦記「廃墟の光」である(1996年)。

 著者の沢木耕太郎は連日、メディア用のバスなどを使って陸上、水泳、バレー、バスケット、柔道、ボクシング、重量挙げなどの会場に足を運ぶ。早朝、朝食を食べ損ねてリンゴを手にホテルを出、帰りが遅れて深夜開いている店を探したりする。予定を立てず、行き当たりばったり風にその日の行動を決める観戦行は、放浪的旅路の趣きがある。

「私設の休日」とした日、ぶらっと古書店を訪れる。若き日、ニューヨークの古書店でスポーツ・ノンフィクションの秀作『ワン・モア・ジュライ(七月をもう一度)』を手にした回想のくだりなど、情感に満ちた文で印象深い。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 572文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ