SCORE CARDBACK NUMBER

日本代表歴代最多98キャップ。
さらば伝説の鉄人、大野均。

posted2020/06/30 07:30

 
日本代表歴代最多98キャップ。さらば伝説の鉄人、大野均。<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

現役最後の公式戦は昨年8月4日のTL杯クボタ戦。東芝に在籍した19年間で出場した全公式戦は238を数える。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 オンライン会見のまどろっこしさが、実直な人柄にはかえって似合うような気がした。

 5月22日、大野均は、PC画面の向こう側から静かに語りかけた。

「灰になってもまだ燃えるのが私の信条ですが、1年前から膝の痛みが出てしまい、昨年末から別メニューの治療、調整を続けてきましたが回復は見られず、また昨年のW杯での日本代表の躍進、東芝でも若い選手の台頭が見られ、とても頼もしく感じ、これ以上やり残したことはないと感じ、引退を決意しました」

 生ける伝説だった。福島県郡山市の農家に生まれ、毎朝の乳搾り、新聞配達、中・高の野球部では補欠でもひたむきな練習で身体を鍛えた。ラグビーを始めたのは福島県の日大工学部。日の当たらない東北地区大学リーグで、3~4年時は2部暮らし。そんな雑草が、東芝に入りトップリーグ5度の優勝に貢献。MVPを1度、ベストフィフティーンは最多の9度も受賞。日本代表としては史上最多の98キャップを積み上げた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 504文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ライオンズ70周年完全保存版獅子の遺伝子

関連記事

大野均
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ