SCORE CARDBACK NUMBER

大宮のサッカー教室が
アジアに届けたスマイル秘話。
~裸足の子供たちとのガチ試合~

posted2020/06/21 08:30

 
大宮のサッカー教室がアジアに届けたスマイル秘話。~裸足の子供たちとのガチ試合~<Number Web> photograph by OMIYA ARDIJA

'16年に行われたミャンマーでの教室で。最後列右から2人目が秋元さん。クラブは埼玉親善大使も委嘱されている。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

OMIYA ARDIJA

 アジアの子供たちに笑顔を届けたい――。大宮アルディージャは'14年から東南アジアを中心に海外でのサッカー教室を開催している。ここまで延べ9カ国、68回にわたり、7061人の子供たちと触れ合ってきた。その国際貢献活動が評価され、埼玉県から今年1月に「埼玉グローバル賞」を贈られている。

 このプロジェクトのリーダーが、事業本部グローバル推進マネージャーの秋元利幸さん。「クラブとして何か国際貢献できる活動を」との指令を受け、リサーチのために自腹でカンボジアを訪れた際にある村の子供たちの窮状を目の当たりにした。「一緒にボールを蹴って笑顔になってもらいたい」との思いが膨らみ、サッカー教室をスタートさせた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 588文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ライオンズ70周年完全保存版獅子の遺伝子

関連記事

大宮アルディージャ

Jリーグの前後の記事

ページトップ