卓球PRESSBACK NUMBER

伊藤美誠と中国選手の本当の距離は?
松崎コーチが語る転機と金メダル。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byITTF

posted2020/06/07 11:35

伊藤美誠と中国選手の本当の距離は?松崎コーチが語る転機と金メダル。<Number Web> photograph by ITTF

松崎太佑コーチと伊藤美誠。日本卓球界の悲願である中国超えへの期待が2人に寄せられている。

金メダルは「うっすらと見えている」。

――今、伊藤選手は松崎コーチの描くレベルのどの地点まで来ていますか?

「結果的に世界ランキング2位になっていますし、リオ五輪の時や昨年と比較しても右肩上がりで成長はしていると思います。でも、どのレベルの地点まで来たとか、そういうことはまったく考えていないですね。卓球は月に1、2大会あって、その大会で優勝するためにはどうしたらいいのか。そういう考えで練習して、負けたらどういう練習をすべきなのか、ということの繰り返しです。

 大会、試合ごとの短いスパンで考えて、その積み重ねでここまで来ているんです。東京五輪はもちろん特別な大会ですけど、これまで通り、日々の練習の充実と試合毎に勝つことを目標にして、それが最終的に金メダルに結びつけばいいかなと思っています」

 型にハマったやり方ではなく、試行錯誤しながらも伊藤美誠の個性に合った強化で成長を促し、幾つもの中国の山を乗り越え、あと1人というところまで来た。独特のサーブとハイスピードの攻撃で8月以降に始まるツアーで中国の選手に勝ち、勝ち癖をつけていく。その中で松崎コーチの気づきと導きが、「うっすらと見えている金メダル」を手にする力になっていく。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
伊藤美誠
松崎太佑
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

卓球の前後の記事

ページトップ