SCORE CARDBACK NUMBER

名門・佐渡ヶ嶽部屋に勢い。
鍵は伝統のスカウト力にあり。

posted2020/05/31 08:30

 
名門・佐渡ヶ嶽部屋に勢い。鍵は伝統のスカウト力にあり。<Number Web> photograph by KYODO

春場所前の番付発表で、新入幕を果たした息子の琴ノ若と握手をする佐渡ヶ嶽親方。'05年に現役引退、部屋を継いだ。

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph by

KYODO

 名門佐渡ヶ嶽部屋に再び注目が集まっている。先の3月、初の無観客開催となった大阪場所で、新入幕力士として土俵に上がった二代目琴ノ若。祖父の琴櫻も、父であり師匠でもある初代琴ノ若も成し得なかった“新入幕勝ち越し”を決めたのだった。同場所で十両優勝したのが、弟弟子で2学年後輩の琴勝峰だ。同じスポーツ少年団から埼玉栄高校に進んだ後輩は、入門からわずか2年半で新入幕というスピード出世を果たした。5月場所が中止となり、新入幕力士としてのデビューはお預けとなったが、191cm、165kgの恵まれた体を持つ初々しい20歳だ。千葉県松戸市の部屋で先輩力士たちに囲まれ、今はひたすら稽古に勤しんでいる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 605文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

琴ノ若
琴勝峰
佐渡ヶ嶽部屋

相撲の前後のコラム

ページトップ