ゴルフPRESSBACK NUMBER

ミケルソンがウッズに過激な挑戦状。
NFLスターを巻き込んだ愉快な騒動。

posted2020/05/22 18:00

 
ミケルソンがウッズに過激な挑戦状。NFLスターを巻き込んだ愉快な騒動。<Number Web> photograph by AFLO

アメリカゴルフ界の2大スターであり続けてきたミケルソンとウッズ。彼らの絆は深い。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

AFLO

 米国の国民的スター選手であるフィル・ミケルソンが、ずいぶんと激しい言葉でタイガー・ウッズへ宣戦布告している。

「おい、タイガー! そこへ行ってキミを倒す日が待ちきれない。ホームコースで戦いたいと言い張るなんて、ずいぶん得しているな。まあ、いいだろう。必ず負かしてやる。キミがホームコースに行くたびに、嫌な思い出が蘇るようにしてやるぜ」

 このセリフ、強面(こわもて)の選手がすごみながら口にしたら、ずいぶんと恐ろしい雰囲気になるのだろうと思う。

 しかし、言葉の主はミケルソンゆえ、なんとなくコミカルで、遠吠えのように聞こえてしまう。

 だが、それがミケルソンの良さであり、魅力でもある。だからこそミケルソンは愛され、「ウッズvs.ミケルソン」のマッチは、社会のためになるのだと私は思う。

ゴルフとNFLの超スター4人が集結。

 今週末24日の日曜日(米国時間)、TVマッチが米フロリダ州ホーブ・サウンドのメダリストGCで開催される。ゴルフ界の2大スターとNFL界の2大スターのコラボレーションによって実現する「世紀のチャリティ・マッチ」だ。

 ウッズとペアを組むのは元NFL選手のペイトン・マニング。対するミケルソンは、やはりNFL選手のトム・ブレイディとペアを組み、18ホールのチーム・マッチを行う。

 ビッグな4人がともにプレーすることで、10ミリオン(1000万ドル)超の巨額をコロナ禍の緊急支援として寄付できるのだから、米国のスーパースターたちの威力が、いかに「スーパー」であるかが伝わってくる。

 しかし、社会貢献という大きな意義はさておいて、ミケルソンは、とにかく勝つことに燃えている様子だ。

 マッチの会場となるメダリストはウッズのホームコース。5年前の改修の際に「タイガー・ティ」が設けられ、そこからプレーすれば、全長は7515ヤード(パー72)の超ロングコースになる。

 ウッズはもちろんのこと、米ツアーのパワーヒッターであるブルックス・ケプカやダスティン・ジョンソンらも、このメダリストで「タイガー・ティ」から回るのが「最高の練習だ」と絶賛している。

【次ページ】 下馬評は「どう見てもウッズ組の勝利」。

1 2 3 NEXT
フィル・ミケルソン
タイガー・ウッズ
ペイトン・マニング
トム・ブレイディ

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ