濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

秋山準がDDTゲストコーチ就任!
「今しかできない」団体強化の道。

posted2020/05/15 11:30

 
秋山準がDDTゲストコーチ就任!「今しかできない」団体強化の道。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

DDTの“大社長”高木三四郎と全日本プロレス・秋山準が新型コロナ時代に、新たなタッグを組んだ!

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Norihiro Hashimoto

 今、スポーツの世界で最も大きな“動き”を見せているジャンルはプロレスだろう。

 業界最大の団体WWEはビッグイベント『レッスルマニア』を無観客(配信)イベントとして実施。日本でもさまざまな団体が中継(配信)用の無観客試合を開催している。

 中でもプロレスリング・ノアとDDTプロレスリングはTVマッチをシリーズ化。積極的にタイトルマッチを組んでいる。女子団体アイスリボンは、封印されていたインターネット(で配信される試合限定の)王座「IW19」を復活させ、新王者決定トーナメントを開催中だ。

 スポーツジャンルとして見ると、プロレスには統一機構がないという弱みがある。業界全体としての取り組み、基準作りが難しいのだ。ただ、だからこそ良くも悪くも縛りが緩い。弱小団体、インディーレスラーでも個性とバイタリティーを発揮しやすく、“右へ倣え”と無縁。一言でいえば“たくましい”業界だ。

 今できることは何か。それを考えた結果が、各団体の無観客試合だろう。DDTはもう一歩踏み込んで「今しかできないことは何か」に取り組んだ。

ツイッターから始まったオファー。

 それが、全日本プロレス・秋山準をゲストコーチに招くことだった。きっかけがツイッターというのが、いかにもDDTらしい。

 1カ月ほど前、秋山が自身のプロレス観についてつぶやいた。「試合でみなさんに観せてるのは6~10(の部分)」、「ですが、1~5を持ってると持ってないのは全く違うと思います」。さらに「1~10までプロレスの技術を全て俺が教えたらどんなプロレスラーになるのかな」とも。

 これに食いついたのがDDTの“大社長”高木三四郎だった。

「今はプロレス界が“守り”の時期になってますよね。であれば、今ウチの選手に秋山選手が持っているプロレスの1から10を教えていただきたいなと、ツイッターでDM(ダイレクトメッセージ)させていただきました」

 DDTは6月7日のビッグマッチ、さいたまスーパーアリーナ大会が開催見合わせになるなど、興行面で“攻め”ることが難しくなっている。無観客試合もあるが、当然ながら以前に比べると試合数が少ない。それなら、この時間を活用して実力を高めようというわけだ。転んでもただでは起きないのがDDTである。

【次ページ】 コロナ禍で試合が少ないからこそのコラボ。

1 2 3 NEXT
秋山準
高木三四郎
DDT
全日本プロレス
竹下幸之介

プロレスの前後のコラム

ページトップ