なでしこジャパンPRESSBACK NUMBER

なでしこW杯制覇の取材ノート秘録。
川澄、丸山、山郷、澤に学んだこと。 

text by

中野吉之伴

中野吉之伴Kichinosuke Nakano

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2020/04/27 11:50

なでしこW杯制覇の取材ノート秘録。川澄、丸山、山郷、澤に学んだこと。<Number Web> photograph by Getty Images

劇的な展開をことごとく制し、一躍世界の頂点へ。2011年のなでしこジャパンはまさに日本の希望だった。

「あのときの『なでしこ』のように」

「サッカーの神様はいました」

 澤は試合後にそうつぶやいて、微笑んだ。そうかもしれない。でも、あのときの僕には、澤が、そしてなでしこのみんなこそが神様のように見えたのだ。

 大会後に開催された国際コーチ会議の冒頭で、ドイツプロコーチ連盟会長のホルスト・ツィングラフが、「なでしこ」の戦いぶりから「最後まで諦めないことの大切さを改めて教えてもらった」と話していた。

「諦めない」とは――。「諦めるな」と仲間に声をかけ続けることだろうか。いや、そうではない。試合終了の笛がなるその瞬間まで、自分が、自分たちがこの試合に勝つために必要なこと、すべきこと、できることを探し続け、トライしつづけることだ。

 自分を、仲間を信じて、そしてこれまでとこれからを信じて。

「あのときの『なでしこ』のように戦おう」

 それは「諦めるな」というワードよりも、ずっとずっと心にダイレクトに響いてくる魔法の言葉になったのではないだろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
澤穂希
川澄奈穂美
阪口夢穂
丸山桂里奈
山郷のぞみ
近賀ゆかり
岩清水梓
宮間あや

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ