Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<真のアスリート第一とは?>
野村忠宏が語る「東京五輪1年延期」

posted2020/04/21 08:00

 
<真のアスリート第一とは?>野村忠宏が語る「東京五輪1年延期」<Number Web> photograph by Asami Enomoto

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

夢の祭典開幕へのカウントダウンは「あと122日」でリセットされた。人類への試練ともいえる世界規模の新型コロナウイルスの感染拡大。その中での「もう1年」はアスリートに何をもたらすか。論客2人に話を聞いた。(Number1001号掲載)

 東京五輪の1年延期は現役選手にどのような影響を及ぼすのか。

 まず思ったのは、先行きが見えない不安の中で、ストレスを感じながらトレーニングをしてきた選手たちにとっては、目標を再設定できて良かったということだ。もし中止となっていたら、今を生きているアスリートのすべての夢が絶たれることになる。

 実際に延期が決まってからのアスリートの発信は皆、ポジティブだ。

「自分を強くする時間が増えた」

「来年7月に向けてさらに強くなった自分を見せていきたい」

 このような言葉を聞くと私も嬉しいし、実際に彼ら彼女らには決意があると思う。

 今はケガをしているという選手も、1年あれば立て直せるだろう。時間ができたことによって、自分が世界一になるために試してみたい技術など、色々なチャレンジができるという見方もできる。

 ただし、1年延期になり、選手の新たなケガのリスクが増えたとも言える。アスリートは常にケガと隣り合わせだ。どれだけ集中して練習をしても、ケガの瞬間は突然に訪れる。身体にはケアできない部分があり、酷使すればするほど消耗する部分がある。ケガの原因は疲労の蓄積や免疫機能の低下など様々だが、防ぎようのない事故が来夏までにあるかもしれない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3039文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<創刊40周年記念特集>日本サッカー希望の1ゴール
野村忠宏
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

格闘技の前後の記事

ページトップ