マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

2020年ドラフトを1人で予想1/3。
12球団×上位3人の36人リスト。

posted2020/04/13 08:00

 
2020年ドラフトを1人で予想1/3。12球団×上位3人の36人リスト。<Number Web> photograph by Kyodo News

「ひとりドラフト」で中日の1位となった中京大中京の高橋宏斗。高校生にして即戦力、という大器だ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 センバツ高校野球の中止をはじめ、新型コロナウィルスの影響で、日本の野球界はプロからアマまでほとんどが「延期」と「中止」の報道が、連日とどまるところを知らない。

 世情、ゆううつな話題ばかりの中、ウツウツとしていてもしょうがない。

 どんなに良くないことが続いても、この秋にはなんとか正常に近い状態になっているのだろうと、希望的観測も込めながら、ちょっと早すぎることを承知で「ひとりドラフト」を敢行してしまおうと考えた。

 なくなってしまった実戦の場を惜しむばかりの昨今、少しは「先」のことにも目を向けよう。

 ふさぎがちな心も、いくらか慰められるのかもしれない。

 さて、「ひとりドラフト」とは何か?

 今回初めて遭遇する方に、簡単にご説明したい。

 不肖、安倍昌彦が12球団の代表者になったつもりで、実際のチーム事情とチーム作りを考え合わせながら、実際のドラフト候補選手たちを指名して、勝手にひとりで「ドラフト会議」を完遂してしまう。競合すればもちろんくじびきも行う。

 これまでは、私の個人的なサイトで、毎年秋のドラフト前に行なっていたが、ありがたいことに、昨年からこの「NumberWeb」のサイトで披露させていただけるようになった。

上位の評価は春で大体決まっている。

 とはいえ、「今季」のアマチュア野球は、事実上まだ始まっていない。

 そこで、昨秋までの各選手の進境をくわしく調べ、その資料と昨秋までに実際に私が実戦を何度か見てきた「見立て」を根拠にして、今回は、各球団「3位」までの指名にとどめたい。

 上位指名の選手については、例年、春と秋の評価にさほど大きな変化がないことと、春から夏、秋に大きく成長する選手を指名する楽しみと喜びを、秋の「本番」に取っておきたいということ。

 それが「3位ドラフト」にとどめた理由であり、この秋にはまた盛大に、ドドーン! と総指名選手100人規模の「ひとりドラフト」を行うことをお約束したい。

 今年のペナントレースの成績順が見えない状況なので、指名順は昨年と同じとした。

 12球団の指名状況を3回に分けて、今回の「前編」は、指名順に沿って4球団分をご披露したい。

 さあ、「あまりにも早すぎる2020ドラフト会議」。

 そのほんのさわりではあるものの、リアルな雰囲気で味わっていただければ。そう願っている。 

【次ページ】 ヤクルトは「勝てる投手」が急務。

1 2 3 4 5 NEXT
五十幡亮汰
今西拓弥
高橋宏斗
中森俊介

プロ野球の前後のコラム

ページトップ