Number ExBACK NUMBER

困難に打ち勝つ羽生結弦の向上心。
自身の理想像への挑戦は来季へ。 

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph byAsami Enomoto

posted2020/04/03 15:00

困難に打ち勝つ羽生結弦の向上心。自身の理想像への挑戦は来季へ。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

四大陸選手権前のプログラム変更に衝撃が走るも見事優勝。男子としては史上初となるスーパースラムを達成した。

自分と向き合う作業から逃げない。

 ときに考えながら、絞りだすように語った言葉が伝えたのは、理想像を自身の中に思い描き、追い求める姿であり、戦う相手が自分にほかならないという事実だった。

 超えていきたい、さらに成長して進んでいきたいと願う対象は自分自身だった。今も変わらぬ向上心の源が、そこにあった。

 考えてみれば、自分と向き合う作業こそ、怖い。自分の弱さや課題を認め、克服しようとする行為は容易ではないし、往々にして、目をそむけたくなる。他者へと矛先を向けがちだ。しかし羽生は、逃げることなく、自分と向き合い、自分を超えていこうとしてきた。その結果が、今日の羽生を育んできた。

 あらためてその営みの困難さと、実行してきた努力の深さを思わせたのがNHK杯での言葉であったし、今シーズンの試みであった。

世界選手権はなくとも。

 今シーズンの集大成となる世界選手権という場はなくなった。でもこれまでの歩みと同様に、すでに目線は新たなシーズンへと向かっているはずだ。新型コロナウィルスの影響により、拠点であるクリケットクラブをはじめカナダのスケートリンクは閉鎖されている。そんな困難をも乗り越えようと取り組んでいるだろう。

 新たなシーズンが始まったとき、どのような姿で氷上に向かうのか。楽しみにならざるを得ない今シーズンであった。

発売中のNumberPLUS『フィギュアスケート 2019-2020 シーズン総集編 銀盤に願いを』は、今シーズンの密着レポートや、再演された『バラード第1番』『SEIMEI』の進化に迫る解説記事、秘蔵写真とともに振り返るインタビュープレイバックなど、羽生結弦選手に関する記事が満載です。ぜひお手にとってご覧下さい。

関連記事

BACK 1 2 3
羽生結弦
北京冬季五輪
オリンピック・パラリンピック

フィギュアスケートの前後の記事

ページトップ