Beyond The GameBACK NUMBER

「ナンバー17」があってよかった。
~初めて買ったナンバーの記憶~

posted2020/04/04 08:30

 
「ナンバー17」があってよかった。~初めて買ったナンバーの記憶~<Number Web> photograph by Getty Images

「早明ラグビーとしごき・プレッシャー」を大特集した17号。若き日の本稿筆者の姿が早大・橋本監督の背後左に(写真右)。

text by

藤島大

藤島大Dai Fujishima

PROFILE

photograph by

Getty Images

 1980年の春。ポスターを見た。東京のあのころは保谷市、西武新宿線の東伏見駅。江夏豊が左手のひとさし指をピンと立てていた。肩口は裸。本誌創刊の広告だった。

 最初に購入したナンバーのナンバーは17。忘れない。自分が載ったからである。いま「載った」と書いて、まあ、これはウソ。本当は「写っていた」が正しい。

 110ページ。早稲田大学ラグビー部の橋本晋一監督の引き締まった表情をとらえた写真、すぐ後ろに物事を考えているのか考えていないのか判然としない本稿筆者の顔がある。公式戦をブレザー姿で眺めている。大学2年、そのクラブに在籍していた。レギュラーに近づいてもおらず、授業をすっぽかしてミニシアターで古い映画を鑑賞するのが連日の猛練習を除く青春のあらかたすべてだった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 965文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

ラグビーの前後のコラム

ページトップ