Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<二刀流の未来地図>
大谷翔平「絶対世界一に、と歩むが勝ち」

posted2020/03/27 08:00

 
<二刀流の未来地図>大谷翔平「絶対世界一に、と歩むが勝ち」<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

text by

石田雄太

石田雄太Yuta Ishida

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

イチローは1年前の引退会見で評した。「世界一の選手にならなければいけない」。二刀流への挑戦に対して聞こえてきた“それでは投でも打でも一番になれない”という声を瞬く間に吹き飛ばし、“投でも打でも一番になれる”と信じて彼もまた世界一の選手を目指している。

――野球選手としての“ナンバーワン”をどんなふうにイメージしていますか。

「何をもってナンバーワン、というものがないのが野球だと思います。柔道とか水泳、陸上とか、それが個人競技なら一対一で戦って、一緒に泳いだり走ったりして、そこで一番になればそのカテゴリーの中でナンバーワンですけど、野球は団体競技ですからね。今は(マイク・)トラウトがナンバーワンだと言われますけど、いろんなデータがある中でトップの数字が多いからナンバーワンだと言われているんであって、違う見方をすれば違うナンバーワンが出てくると思うんです。ピッチャーに関しても、誰がナンバーワンかと言われたら、(ジェイコブ・)デグロムか(マックス・)シャーザーか、(ゲリット・)コールなのか(ジャスティン・)バーランダーかと議論されると思いますけど、そこに正解はないじゃないですか」

――では大谷さん自身、ピッチャーとして速い球を投げられるナンバーワンになりたいという気持ちはあるんですか。

「170kmを投げられたらそれは武器になりますから、いいなと思います。でも170kmを投げられても、ストライクが入らなければ意味がありません。しかもそれはストライクが取れる170kmなのか、ストライクゾーンを2分割して投げ分けられる170kmなのか、それとも4分割で投げられるのか。そこが重要なポイントになってきます。170kmを投げられるだけで相当なポテンシャルですけど、そのボールを自分なりに消化して、思うようにコントロールできなければ勝てるピッチャーになれないし、ナンバーワンにもなれないと思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5337文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後のコラム

ページトップ