オリンピックへの道BACK NUMBER

11歳差だけではない。全英制覇、
バド遠藤&渡辺組の異色の経歴。

posted2020/03/22 09:00

 
11歳差だけではない。全英制覇、バド遠藤&渡辺組の異色の経歴。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

全英オープンで男子ダブルスとしては日本勢初優勝を達成した遠藤(右)、渡辺ペア。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

 数々の好成績を残し、充実の一途にある日本バドミントン。

 日本の好調ぶりをあらためて証明する成績がまた1つ、加わった。先日の全英オープンの男子ダブルスで、世界ランキング6位につける遠藤大由/渡辺勇大が優勝したのである。同種目では日本初であった。

 全英オープンというバドミントンの世界では大舞台を制したこともそうだが、その中身も濃かった。

 準々決勝では、ヘンドラ・セティアワン/モハマド・アッサン組を撃破する。

 セティアワンは他の選手と出場した2008年の北京五輪で金メダルを獲得、その後アッサンとともに、2013、2015、2019年の世界選手権を制している。

 現在の世界ランキングは2位、インドネシアの英雄と言える2人だ。

決勝では世界ランキング1位と対戦。

 第1ゲームを21-19でとって迎えた第2ゲームはリードを許す。それでもセティアワン/アッサンの望む低い展開をかわすようにスペースを使い、ペースを取り戻し、21-18。昨年のツアーファイナルズ決勝のリベンジを果たした。

 決勝で対戦したのは世界ランキング1位のマルクス・フェルナルディ・ギデオン/ケビン・サンジャヤ・スカムルジョ(インドネシア)。

 第1ゲームをとり、第2ゲームを落として迎えたファイナルゲーム。序盤にリードを奪うが終盤追いつかれると、息をのむようなぎりぎりの攻防が続く。

 それでも渡辺が前方へ出ながら、テンポを上げて対峙する。受け身にならないプレーに、最後は相手のショットがアウト、21-19で栄冠を手にした。

【次ページ】 同年代が組むことが多い中、異色の2人。

1 2 3 NEXT
遠藤大由
渡辺勇大
早川賢一
東野有紗
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ